MacBook12インチにぴったりの保護カバーを自作取り付け

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

新しく買ったばかりのMacBookって傷がつくのが嫌ですよね。
 

なんとなく裸で使っているのが嫌だったので、ケースを探していたんですが、MacBookAirで使った経験からすると、プラスチックの頑丈なケースを取り付けると、まあまあ重くなってしまうのが嫌だったんですよ。
 

あと、上部のモニタにつけるプラスチックの重さでMacBookAirのヒンジの部分が緩くなって、斜め角度ぐらいで止めていても、後ろに倒れてしまうぐらいの緩さになったこともありました。
 

あと、まあまあ分厚くなってしまうので、せっかくMacBookAirもMacBook12も薄くて軽いのが特徴なのに、それをわざわざ殺してしまうのも嫌ですよね?
 

そんなわけで、今回は、自分にぴったりのケースというか保護カバー(シール)を手作りしたいと思います。

事前知識としてのケースあれこれ

とりあえずは、色々探してみたMacBook用のケースをリストアップしておきます。
 

まずは、これ
 


 

透明プラスチックケースで、Amazon評価は星3.8。
レビューでは、カバー本体のひび割れと、上部と下部の擦れ傷みたいなのが、気になる人が多いようです。
 

重さは204gと言うことで、iPhone8+が202gを考えれば、やはり重量が増えて気になる程度です。
 

次にこれ、
 


 

ポーチ付きとの事で、先ほどのとほぼ同じ料金なのは、良心的に思えますが、こちらはAmazon評価は3.5と先ほどのよりも低め。
 

これもプラスチックケースの擦れなどが気になる人が多く、まあまあひどい書かれ方をしているようです。
 

重量は186gと言う事で、先ほどよりは軽いのですが、やはりiPhoneXぐらいの重量をくっつける感じです。
 

さて、お次は、
 


 

今度は、キーボードカバーまでついて、同じぐらいの値段だそうですが、Amazon評価は最も悪い3.1です。
 

装着時に本体を傷つけてしまった人もいて、設計が少し甘そうなカバーのようです。
 

重量は、268gと最も重く、これも星に影響しているようでした。
 

他にもたくさんのプラスチックケースがあったんですが、どれも似たり寄ったりでしたね。
 

どう見ても同じ感じなのに、値段が数倍違うものもあり、ECで比較検討できる今の時代は本当にいいと感じました。

やはり保護シール系が良い

プラスチックケースはどうしても重量が犠牲になってしまうので、今回は思い切って、保護シールを自作してみたいと思います。
 

ちなみに、保護シールもAmazonで売っていて、
 


 

こういうやつです。上部と下部に貼り付けるシールですね。
これなら絶対に軽いでしょう。
 

確かに、ハードカバーと違って、クッション性は劣りますが、擦れなどの傷から守るには十分です。
 

DIY準備

自作するために、近所の百円ショップCandoに行って、レザークラフトの素材を買って来ましょう。
 

あとは、両面テープとカッターぐらいがあれば、十分製作できてしまいます。
 

IMG_0458
 

画面の右上に写っているのは、レザークラフト用の糸ですが、オシャレにまつり縫いを考えていたんですが、今回は使わないことにしました。

いざ製作

まずは、皮の裏に、MacBook本体のサイズを書き込んでいきます。
 

IMG_0461
 

角丸も書いておくと、切るときに便利ですね。
 

IMG_0462
 

次にカットしますが、ステン定規があると便利です。
 

IMG_0463
 

今回は、薄めの皮を使ったので、切るときに伸び縮みしないように、定規でしっかり押さえておくといいでしょう。
 

IMG_0466
 

そんなに難しくなくカットできると思います。これを上下2つ分作っておきましょう。
 

次にそれを本体に装着する為に、両面テープを使いますが、あまりべったりテープを使わないように、細めの両面テープをさらに、半分にカットしたいと思います。
 

IMG_0470
 

これも100均で売ってるやつです。
 

IMG_0472
 

長さは、本体を横に置いておくといい感じの長さに切る事ができます。
 

それを本体の周囲に貼り付けていきます。
 

IMG_0473
 

この時、淵のギリギリに沿って貼り付けておくと、貼った後に違和感が無くなります。
 

次は、先ほど切り抜いたレザークラフト生地を貼り付けます。
 

IMG_0475
 

ここが一番神経を使いましたが、裏側はゴムの部分があるのでボコッとなってしまいますが、気にせず、少し伸ばす感じで貼り付けていきましょう。
 

貼り終わりはこんな感じ。
 

IMG_0476
 

そして、上部も躊躇せずに貼っていきますが、ひとつ重大な事を事前にやっておきましょう。
 

それは、上部の生地の中心に、半径2.5センチぐらいの穴を開けておきましょう。
 

IMG_0478
 

もちろんこれは、リンゴマークが見えるための穴です。
 

そして、上部も先ほどと同じように、両面テープで端っこを貼り尽くしていきますが、上部は、見た目にも関係するため、コーナーの角丸をしっかり両面テープで貼り付けておくといい感じに仕上がります。
 

IMG_0479
 

デザインカッターを使うと、結構いい感じに仕上がります。・・・ちなみに、先ほど円形にくり抜いたコンパスカッターも、このデザインカッターも100均で売ってます。
すごいですね。今の時代。工具も100円で買えてしまいますね。
 

そして、上部も、リンゴマークに気を配りながら貼り付けていきます。
 

IMG_0481
 

引っ張りながら貼り付けると、仕上がりが良くなりますね。
 

IMG_0483
 

いかがでしょう?重さも違和感なく、傷がつきにくい仕上がりになりました。
 

IMG_0485

カーボンぽい仕上がりになってますが、生地の選び方で、印象がガラリと変わるでしょうね。
 

是非、カバーにこだわりたい人、お試しあれ!!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です