[Mac] 右クリックで新規ファイル作成

computer-823609_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

WindowsOSでMacよりも唯一いい機能だと感じるのは、マウスの右クリック項目です。
 

そもそもマウスはMachintoshが最初なのですが、右クリックはWindowsが最初って知ってました?
 

今では「右クリック」って無いと不便すぎるんですが、Apple製品では右クリック専用ボタンを見た目で表示しないようにしていますね。
 

スクリーンショット 2018-02-18 13.02.08
 

スクリーンショット 2018-02-18 13.02.46
 

Apple Store
 

ストアを見ると、何となく右クリックボタンを避けているのが分かると思います。
 

ちなみに、古いMacOSを使っている人は以下の記事を参照ください。
 

Macで右クリックをして「新規ファイルを作成」する方法

右クリックの優位点

Windowsの右クリックでは、ファイルやフォルダのコピペや、新規ファイル、フォルダの作成、削除、などなど、
 

ようするに、ファイル操作とフォルダ操作が、非常に便利に行える点です。
 

これに比べてMacOSは、昔から右クリックがユーティリティに頼りっきりで、OSレベルでは少し物足りなさがありました。
 

Macは、Finder概念で上部にあるメニュー項目の「ファイル」で操作するのが一応レギュレーションだからでしょうね。
 

スクリーンショット 2018-02-18 13.06.56
 

そして、この中には、デフォルトで「フォルダ作成」しか無いため、ファイル作成は、各アプリケーションで新規作成したファイルを保存して初めて作られます。
 

そこで、過去に「Xtrafinder」というユーティリティを紹介したのですが、MacOSXのバージョン10.11あたりから、なぜだかOS側でデフォルトで使えないアプリケーションになってしまい、裏コマンドなどを使って対応してきましたが、
 

現時点での最新版「High Sierra」では、インストールすら出来なくなってしまいました。
 

とりあえず、新規ファイル作成は、めちゃくちゃ使う機能なので、探してみたところ、AppleScript(Autometor)を使ってある程度の条件付きでできることがわかったので、設置してみたいと思います。
 

ちなみに、下記ページにもほぼ同じ設定方法が書かれているので、ご参照ください。
 

参考ページ:http://d.hatena.ne.jp/j_wort/20121223

Autometor設定

1. Autometor起動
 

スクリーンショット 2018-02-18 13.12.46
 

Applicationフォルダにいるこいつを起動しましょう。
 

2. 「ファイル」-「新規」を選択
 

スクリーンショット 2018-02-18 13.14.47
 

画面上部のメニューを選択。
 

3. 「サービス」-「選択」をクリック
 

スクリーンショット 2018-02-18 13.16.08
 

4. 「ファイルまたはフォルダ」に切り替え、「ユーティリティ」-「AppleScriptを実行」をクリックして右画面にドラッグ
 

スクリーンショット 2018-02-18 13.22.58
 

5. AppleScriptを記述
 

 

6. ツールアイコンをクリックしてデバッグ
 

スクリーンショット 2018-02-18 13.26.56
 

7. 保存して完了
 

スクリーンショット 2018-02-18 13.28.33

実行&確認

上記設定が終わったら、Finderのフォルダを右クリックしてみましょう。
 

スクリーンショット 2018-02-18 13.32.22
 

フォルダを右クリックすると、そのフォルダ内に新規textファイルが作成できます。
 

ファイルであれば、同一階層に作られます。
 

本当であれば、フォルダやファイル出ない場所を右クリックしても、ファイル作成したかったんですが、どうやらこれは出来ないようです。
 

スクリーンショット 2018-02-18 13.32.00
 

フォルダはできますね。OSでファイルをつけてくれるだけで仕事効率アップするのにな〜

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です