オレオレ度数の判定基準

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

人と話をしている時に、なんの話でも「オレの場合・・・」と自分に置き換えて話をする人、きっと周囲からウザがられていますよ。
 

これは、自分に対して劣等感のある人が、周囲よりも高い位置にいる事を誇示する時に、この様な振る舞いが生まれがちです。
 

会社の社長をしている人に多く見られる特徴として、どんな話も自分主語にして会話をする、とても話をしてもつまらない社長さんがいかに多いかという事にも気がつきました。

常に自分主語は何故受け入られ難いのか?

facebook-1558618_640
 

このタイプの人は、基本的に人よりも自分を上位に置く性質があり、人から何かを指摘されると、とても饒舌に否定に対する返し言葉を話します。
 

例えば、その人が仕事や何か作業に対して、手落ちがあると言う指摘をした場合、「別の方にも同じ事を言われました」という枕詞に始まり、色々考えた末にできない理由がある事を話します。
 

この時点で、僕は個人的に、「この人は伸びる素質がないヒト」と判断しますね。
 

そして、コレが、ベンチャー企業の社長に多い話し方でもあります。
 

人に助言を求めておきながら、こうした態度を取られると、せっかく良かれと思って指摘をしても、暖簾に腕押しです。
 

こうした時に、素直に自分のできていない事を受け入れて、「どうすれば改善できるか?」と聞き返せる人は、その場での雰囲気も楽しいし、また次に会うのが楽しくなるヒトになりますね。

無意識に自分主語になりがちな思想

monkey-2710657_640
 

ヒトを扱う仕事をする様になると、誰もが、部下よりも上の立場にいると錯覚します。
 

当たり前ですが、部下よりも給料が高く、物事を教える立場に就いてしまった以上、その様に感じるのは至って自然でもあります。
 

そして、ヒトはその上になった立場を全く関係のない相手にも感じ始めてしますんですね。
 

会社経営をしている社長さんが「社長は孤独」と言っている発言をよく耳にしますが、このセリフを言う社長は、他人よりも上にいたい症候群でもあります。
 

結果、自分は特別、人と違う、誰も自分を褒めてくれない。という、自分本位な考え方を心の中でつぶやく様になり、その秘められた思考を話せるタイミングで相手に放出しているのかもしれませんね。
 

実は、社長が孤独なんて、とても甘ったれた発言だと言ってあげたほうが良いでしょう。

最大のデメリット

and-2504065_640
 

これは、自分主語で話すヒト全員の共通点でもあり、非常にマイナス点なのですが、
 

「ヒトの話をきかない」
 

という、残念な特徴を、ほぼ全員が持っています。
 

自分主語で逃げ口上を言ってしまう時点で、どんなに心に刺さる事を言われても、どうしても、素直に受け入れられなくなってるんですね。
 

気がつきました。これ、単なる天邪鬼なんですよ。
 

素直にヒトの言う事をハイと聞ければお互いに気持ちいいのに、グダグダと能弁タレ始める時点で話し相手は引いています。
 

こうした性格を直すだけでも、もっともっと成長できるのに、残念なヒトは意外と多いですね。
どこの会社の社長さんかは言えませんが。

まとめ

こんなヒトは、オレオレなので、気をつけよう。
 

child-3231933_1280
 

・自分の場合・・・が主語のヒト
・自分は孤独な立場と賛同を求めるヒト
・話しているのにこちらの話を聞いていないヒト

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です