[Javascript] 日時の文字列をDate.parseを使って便利に変換

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

システムを構築する時にデータを格納する時などにおいて、必ず使用するのが「日付処理」です。
 

データ保存する時に、保存した日時や、処理対象の日時の予定や期間など、色々な場面でdate値は必要になります。
 

javascriptもで、グローバル関数のDateに、parseという処理があり、非常に便利だったので、覚えておいてこれを利用しないてはありません。
 

これまで自作の関数で行なっていた処理がいとも簡単にサクッとできてしまって、拍子抜けするかもしれませんが、効率ってこういう事を言うんですね・・・orz

どんな事ができるの?

年月日の文字列を、unix-timeの値に変換

 

年月日時分秒を文字列(またはそれぞれの値)として保有している時に、そこからunix-timeを取得してdate値として扱う事ができます。

どうやって書くの?

 

日付だけを指定すると、その日の0:0:0が返ってきます。
 

また時間フォーマットは”00:00:00″とコロンsplitで各以外はNGなようです。
 

日付フォーマットについては、文字列で色々なsplitで書けるので、非常に便利に使えますね。

Date関数の基本

ちなみに、取得したunix-timeは、Date関数を使ってそれぞれの値を取得する事が可能になります。
 

年月日の取得
 

参考

こまかなリファレンスなどを知りたい方は下記を参照ください。
 

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date/parse

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です