店舗運営している場合はSEOよりMEO

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

インターネットでホームページを作成した場合、SEOは避けられませんが、「MEO」という新たなマーケティング手法が流行ってきているという事を耳にしました。
 

そもそもホームページでは何故SEOが必要なんでしょうか?それってGoogleっていう会社を喜ばせるだけなんじゃないかと考えてしまうのは「ITが苦手な人」で、Googleなどの検索エンジンが連れてきてくれるホームページの閲覧者の人は、顧客にもなりえるしその人がそのページを気に入ってSNSなどで紹介してくれる広告にもなりえるわけです。
 

SEOを意識していないホームページというのは、いつまでたっても閑古鳥が泣いてしまうWEBページになってしまうため、UI/UXも含めたホームページのシステム構成や、コンテンツ記事内容など、十分に検討しておかなければいけません。
 

MEOって何?

SEO(SearchEngineOptimization)をしっかり行なった上で、最近では「MEO」というMapEngineOptimizationがリアル店舗には非常に効果がでるというマーケティング結果がでているようです。
 

SEOが「検索エンジン最適化」なのに対して、MEOは地図検索エンジンの言う風な意味なのですが、要するに検索結果で地図が表示されるのをご存知でしょうか?その地図検索エンジン内の検索結果順位の上位取得を行う操作がMEO対策になります。
 

試しに「ロシア料理」とGoogleで検索してみたら以下のような画面になります。
 


 

GPSなど様々なセンサー情報を元に今自分のいる位置に近く、検索条件に合う店舗が表示されているようです。
 

また、通常の検索エンジンだけでなく、GoogleMap内の検索結果にも、同様に反映されます。
 

スマートフォンの普及により、地図検索などは無視できない状態になっていることはよくわかります。
 

こうしたMEOという手法を通じてきちんとマーケティング手法にしていける会社は、今時の収益をあげることができるようになるんでしょうね。

MEO対策はどうすればいいのか?

では実際にMEO対策ってどうすればいいのでしょうか?
 

まず、地図上に表示される店舗や拠点があることが大前提なのですが、新規に出来上がった店舗であればいち早くGoogleMapni登録してもらうように、登録申請を行う必要があります。
 

その登録内容に対しての情報も重要で、ホームページの情報や、口コミ情報など様々なデータが連携されて地図上の評価とされているので、地図対応をすればいいだけという事では無いようです。
 

口コミは、店舗を利用してくれたユーザーの率直な意見なので、ここの評価が低ければ、検索結果で上位になっても逆にブランディングが落ちてしまう可能性もあるので、店舗運営の顧客対応もしっかり行う必要もあります。
 

また、SEOと似ている点としては、情報発信もこまめに行う必要があり、常に最新情報を表示したがるGoogleへのアピールと、リピートユーザーに対するアプローチになると考えられます。
SEOと同じくブログやSNS連携して店舗からの情報発信をするのがいいでしょう。
 

最後に最も重要なのが、検索キーワードの検討です。
店舗の名前を検索してくれるのは、その店舗の常連さんだけであって、こうした検索対応をする際は、いかにジャンル検索で上位を取れるかが鍵になります。
 

例えば焼き鳥屋さんであれば、「焼き鳥屋」として検索してもらう人よりも、「飲み屋、格安」などのいかにもユーザーが行きたくなりそうな検索キーワードで上位が取得できるかでクリック率、コンバージョン率が大きく変わります。
 

もちろん、店舗のジャンルや販売の内容によってMEO対応策も大きく変わってきますので、自分の運営している店舗に合わせたMEO対策を作り上げていくと言うのも重要なブルー・オーシャン戦略ですね。
 

ITが苦手な人やサポートが必要な人は弊社(株式会社MYNT)でヒアリングからコンサルティング、運用代行などを行うことも可能なのできになる人はお問い合わせくださいませ。
 

http://myntinc.com/contact.html

MEOはどのように効果的なのか?

MEOのしくみややり方がわかってきたところで、利用ユーザーに目を向けてみましょう。
 

街中や、交通機関ではスマートフォン片手に色々なコンテンツをみている姿を目にします。
 

観光地では観光マップを持って歩いている人は見ますが、それよりもスマホを持って検索しながら歩いている人の方が世界中で多いというのも容易に想像できます。
 

MEOを利用するユーザーは、予定していない飲食が発生した場合に、近隣で便利な店舗を探そうとする場合は間違いなくスマホで検索するでしょう。
 

忘年会や新年会の二次会や、結婚式やイベントなどの事後での仲間内の気軽な飲みなどの際に検索した結果の店にいくことは大いにありえます。
 

ちなみに、MEOが有効な点のひとつとして、MEOでの検索結果1位はかなりの確率でクリックされるというほどの成果があるようです。
 

そして、その店舗でコンバージョンする割合も通常のSEOの比率よりも高いという結果もでているそうです。
 

飲み屋さんだけでなくても、衣服店や書籍、雑貨などの店舗でも、必要な近隣の人に来てもらう為の施策をするのがMEOという事なんですね。
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です