MacOS使っている人はクイックルックを使わなすぎる件

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

この間仕事でMicrosoftWordの書類を送ってもらい、Mac用のOfficeで見ようと思ったら、見れない・・・!
きっとアプリのバージョンが古かったのかもしれない(通常のword書類は問題なく見れているんだが)
 

重要書類だったので、パスワードがかけられていたらしく、ちゃんとパスワードを入力しても、見れない・・・!
 

wordアプリの最新版のOffice365であれば見れるだろうと思ってそちらで試したら、見れない・・・!
これは、無料版を使っていたからという事もあるが、パスワードがついていると見れないようだ。
 

ここで諦めるわけには行かず、GoogleDriveの変換機能を使って見てみようと思ったが、見れない・・・!
 

どうやら、パスワード付きのファイルを見るには正規Office365以外は駄目なのかと途方に暮れていると、そのファイルを右クリックした時に、「クイックルック」というメニューを見つけてしまった・・・
 


 

これまで使ったことがない「クイックルック」という機能だったので、為す術が無くなった今としてはとりあえず試してみると・・・パスワードが入力できた!
 


 

そして、見れた!!!
 


 

※重要ファイルなんで、内容はボカしてます。

クィックルックのおかげで仕事が捗る!

なんという事でしょう。今まで使ったことがない機能がめちゃくちゃ使えるという事を知り、これまでアプリケーションを行き来していた非効率差を思い知ってしまいました。
 

でも、残念ながら、Excelファイルはうまくプレビューされないのですが、パワーポインファイルト、PDFファイル、csvファイル、などは、中身がバッチリ確認できるので、わざわざアプリを立ち上げなくても見られて非常に効率アップすることができるでしょう。
 

.docx : 見れる
.xlsx : 見れるものと見れないものがある
.pptx : 見れる
.pdf : 見れる
.csv : 見れる

ただし、装飾や細かな表示などの操作ができるわけではないので中身の確認をしたいというその名の通りクイックルックする用途でご使用ください。
 

そして、プログラマーであれば、色々なテキストコードやデータファイルを閲覧する時はどうでしょう?
 

.txt : 問題なく見れる
.php : 問題なく見れる
.css : 見れない
.js : 問題なく見れる
.html: スタイルシート無しでレンダリングされるので、ブラウザで見たほうが良い
.md : 問題なく見れる

 

見れるものと見れないものがあるので、こうしたソースコードはコードエディタで見たほうが確実ですね。
 

他にも圧縮ファイルなどは、内容は見れませんが、画像ファイルは大体が閲覧可能です。
 

よく考えたら、macのディレクトリFinderでファイルを選択した時に右側に表示されているのが「クィックルック」の機能だったんですね。
 


 

知らないうちに使っていたという事なんですが、よく知っていると仕事効率化になるという機能でした。

意外と知らないクィックルックの事

MacOSを使っている時に、ファイルアイコンを選択している状態で、「スペースバー」を押すだけでクィックルックが自動的に発動します。
 

さらに、クィックルックウィンドウが表示されている状態で、画面の他のファイルにさわると、そのファイルのクィックルックに表示が自動で切り替わります。
 

また、Finderの上部ヘッダに起動用のアイコンも用意されています。
 


 

いや〜まったくこの機能について知らなかった事が恥ずかしい!
 

自分はPC作業の効率が良いと勝手に思い込んでいたんですが、思わぬところで未熟さを思い知らされてしまいました。
 

もっと日々精進しなければ・・・!!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です