忙しいが口癖の人必見!人の二倍仕事をするには?

000919-F-4883S-001
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

いつも忙しいと言っている人は、よく、

「自分がもう一人いたら、どんなに良いことか、」

と、他人にボヤく事もあるかと思うが、

なんと言う、自分勝手でレベルの低い発言だろう。

もう一人自分がいたら、の心理学

このセリフは、

自分は仕事ができる。

周りには自分以上に仕事が出来るやつはいない。

誰かを育てるとか、人材を上手く使って、とかは考えずに、

自分の思った通り、想定通りの作業をして、

面倒くさい雑務などをこなす事もなく、

考えている作業をこなせられれば、どんなに良いことか。

ということを遠回しにわめき散らかしているだけの事。

今まで、口に出してこのセリフを言ってきたやつは、前向きに仕事をしていない傾向が高かった。

よく言うフレーズ

・ドラえもんがいたらなー
・もう3日も家に帰ってないですよ

などがあるが、どれも「だからどーした」というモノばかり。

周りの倍仕事をこなすには

スキルを向上させる
メールを効率化させる
空いた時間を利用する
一つの作業で、複数の結果を出す
動作を人の倍速にする
結論を先延ばしにしない

など、色々な方法が考えられるが、僕が思う方法は、

「自分のスピードと周りのスピードを把握する」

です。

これが説明できないと、ゴールも無いのと同じですからね。

色々とやってみるのは、この分析が終わってからでも遅くないですよ。

効率よく仕事していると思っているのは自分だけ?

むしろ、周りに、こういう事をズバッと聞いてみるのも近道かもしれません。

もしかすると、人の倍時間がかかっていると思われている可能性がありますからね。

その場合は、一番効率的な人を真似ることから始めてみましょう。

きっと、あなたならではの方法にたどり着き、効率化が計れて、倍速で仕事が出来るようになるでしょう。

ちなみに、僕は、録画したテレビ番組は、倍速で見るセッカチ派です。
セッカチと効率は違いますけどね・・・

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です