苦しみの報酬は経験

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

「苦しんだ数だけ、高い経験値が得られる。」

こんな、いい言葉を教えてもらいました。

日々、苦しい事、多いですね。

会社でも、自宅でも、電車に乗っていても、町中を歩いていても・・・

単なる、ストレスだろ!

と思う事も多いですが、苦しいということは、ストレスがたまっているんでしょう。

仕事のストレスが最も苦しい?

仕事で苦しいと思う事は、かなりのストレスではないかと思います。

だって、毎日、同じ環境で、明日も同じ苦しみがあるかも、という、スパイラルに陥りますよね。

そして、ストレスはとても人体に悪影響を及ぼす、悪者ですが、

でも、果たして、本当にそうなのでしょうか?

ストレスはなくてはならないモノ?

実は、このストレスが人が生きていく上で、必要だと言うことは、あまり人から聞いたことがない。

「若いうちの苦労は金を出してでもやれ」

という格言を、学生時代から、嫌という程、先生や親から聞かされたが、

「金出して苦労するやつ、アホやろ!」

と、正直思っていた。

確かに「金出してでも」というフレーズに、気をとらわれ過ぎていたと思う。

実際は、

苦労した経験は、「身につく経験」で、
苦労しない経験は、「何も身につかない」

という事は、

「苦労してるひとは、経験豊富で、苦労してない人は、経験が足りてない人。」

ということである。

周りを見渡してみると、当てはまる人がいっぱいいますよね。

器用貧乏は悪いことではない

だけど、苦労をして経験が多いという人の中で、人よりも余計に苦労してしまうタイプの人がいます。

また、苦労しても、経験がたまっていない人。

こういった人は、自分を高める事がイメージできないタイプなので、会社にいると、ダメ人間のレッテルを貼られてしまいます。

苦労=ストレス

なのかと言うと、そうでもなく、ストレスはあくまでストレスなのです。
なぜ必要かというと、ストレスは、「外的要因」という意味で、そこにはほぼ他人という原因が存在します。
※他人がいない場合もありますが、多い例として他人がいます。

良いも悪いも、他人がいて、自分がいて、その間で試行錯誤するという事に、進歩を感じてみましょう。

誰からも干渉されず、やりたい事ばかり出来る環境があったとしたら、人は確実にダメになっていくでしょう。

食べ放題はストレスをもらってしまう

僕は、街中にある、食べ放題の店に行き、満足して出てきた試しがありません。

大抵は、腹がパンパンになって、苦しい状態でゴールしてしまうので、同じ金額を払って、普通に美味しい店に行った方が、はるかに良かったと、後悔してしまうんですね。

あ、でも、コレは個人的に僕の悪いところでした。

とにかく、苦労している時に、

・自分に成長のチャンスが回ってきた。
・どのように成長できるかをイメージする。

という風に、考え方をスイッチすると、少し目の前が明るくなると思います。

それを話せる誰かがいると、もっと成長出来るはずです。

苦労は自ら買って出ませんか?

あ、金出してじゃなくて、買うってこういう事なのね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です