リモコンIoTを1年ほど使用した感想 (eRemote-mini)

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

こんにちわ。
 

自分が言ったことをすぐに忘れてしまって、嫁にいつも怒られている下駄です。
 

ちょうど1年ぐらい前に購入して設置した「iRemote-mini」というIoTガジェットですが、
リモコンがなくなって便利だと思っていたんですが、つい忘れてテレビをリモコン操作をしてしまっていました(ToT)
 

そしてここ最近あまり使っていなかったんですが、テレビのリモコンの電池が切れて交換するタイミングで、
思い出したかのように使ってみたんですが、何故か使えず、壊れたのかと思ったんですが、ランプはつくようなので
いろいろ調べながら再設定をしてみたんですが、
 

この製品の弱いところが見えてきたというお話です。
 

以前の記事
スマート家電を設置してテレビとエアコンのリモコンを排除

アレクサで操作ができなくなった?!

AmazonEchoに登録していたので「アレクサ、テレビをつけて!」と言うだけで、テレビをつけてくれて、「4チャンネルにして!」というとチャンネル変更までしてくれていたんですが、
 

「テレビがありません・・・」と言われて、全く動作してません。
 

仕方なく、スマホにインストールした「eRemote-mini」アプリで、スマホリモコンにして接続してみると、「デバイスにアクセスできません」
とのこと。
 

どうやら、何かしらの原因で設定がおかしくなって、内部設定がアクセスできない状態になっているか、ランプはついているけど、リモコン端末が壊れているのだと考えられます。
 

ファームウェアがアップデート出来ない」?!

とりあえず、アプリの再起動と、本体端末の再起動(電源コードを一度抜いて再度差し込んだだけ)を行ってみると、デバイスのアクセスでエラーは出なくなりました。

・・・が、テレビやエアコンというリモコン設定しているのが軒並み使用できない状態になっています。
 

アプリ内の設定を色々と調べてみた所、どうやらファームウェアのアップデートがあるというのがわかり、アプリの設定画面内でアップデートを実行できるようなインターフェイスだったので、ボタンを押してみた所、「同じwifi環境で実行してください」とのエラーメッセージが・・・
 

そういや、数ヶ月ぐらい前にwifi機器を購入して、複数のwifi電波がうちの家の中に飛び交っている状態だったことを思い出しました。
 

でも、ここで不思議なのが、基本的にwifiアクセスで接続するこの端末にアクセスできている時点でファームウェアのアップデートが行えてもいいものなのに、
 

エラーメッセージで「wifiが見つかりません」とでも出るのであれば、古いwifiにアクセスできなくなったのが分かるんですが、同じwifi環境にないとファームウェアのアップデートが出来ないというのは、何となく内部仕様によるエラーのように思えて、何とも納得いかない気分になりますね。

wifiのssid設定が切り替えられない?!

とりあえず、wifiを新しいものに統一したかったので、設定変更をしようと思った所、アプリ内ではどこにもそんな設定が見当たりません。
 

テレビも純正で認識しなくて、カスタマイズで設定しているので、もう一度その設定をする手間が惜しかったので、できるだけデバイスの再設定は避けたいと思い調べてみた所、なんとも最悪の返答が、提供元のホームページでサポート部隊が答えていました。
 

大変申し訳御座いません、Wi-Fiを変更した際は
再セットアップが必要となります。

 

参考 : サポートページ
 

なんとも残念な仕様でした・・・
 

しばらく使用してみて商品評価が変わってしまった・・・

アプリのUIデザインが独特だなあと思っていたら、こんなところでUXデザインが弱い事が理解できました。
 

wifiの設定を切り替える事を仕様から外した原因は、設定のデータ構造にあるのか、インターフェイスを作るのをケチったのか、詳細はわかりませんが、複数のデバイスが登録できる仕様と、設定にまあまあな時間がかかることを考えると、
 

基本のwifi設定ができないというのはデメリットでしかありません。
 

確かに、初回の設定では気が付かず、こうして時間が経ってから気がつくため、こうしたタイミングでユーザーが離れていく気持ちもわかります。
 

あと、提供元のホームページの表示が遅い事も非常に気になり、設定の際や、ファームウェアのアップデートに、データをダウンロードしている速度が異常に遅いと思っていたんですが、
 

海外サーバーなのか、非常に帯域の細いサーバー(または非力なサーバー)を使っていると考えられるので、アプリ操作をしていても、画面を切り替えるだけで、逐一サーバーアクセスしていて、操作ができない状態が都度、数秒発生して、ストレスに感じていました。
 

IoT機器としては、まあまあな致命的に残念な仕様が多い点が発見された今回の出来事でしたが、製品評価を改めて行っておきたいと思います。
 

ちなみに、本家ページに掲載されていた手順で本体を再設定したら(デバイスを作り直した)、無事にテレビの設定だけは戻りました。
 

https://linkjapan.co.jp/question/eremote/

あとアレクサの設定もやり直さねば・・・
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です