gitサーバーを作ってみる 2

github-394322_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

まず、基礎知識も乏しいので、gitサーバーを簡易に構築してみる。
その前にじつは、証明書やら、なんやらで結構めんどくさいので
備忘録がてら、作業内容をメモっていくとしよう。

※実はこのブログ、人に見せるためというよりも、自分の為と、部下の教育の為という点が大きい

【作業】

ある程度のやり方はgit本家ページに書いてあった。
http://git-scm.com/book/ja/Git-%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC-SSH-%E5%85%AC%E9%96%8B%E9%8D%B5%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90

1、サーバーとローカルに証明書環境を構築する。

※もしかして証明書なくてもgit通信できたりするんかな?それも追々検証してみるとしよう。今日はセオリーどおりに・・・

※前提条件として、サーバーは、管理権限でログインできる事とする。

2、まずは、ローカルPC(ノートとか)で、証明書を作成する。

3、できたファイルの中をコピる

4、サーバーのセット
 ・gitユーザーの追加(他のユーザーでもできると思う※ポイントは権限)
 

ローカルPCでコピった公開鍵を追記する。
※複数追記できる。

5、サーバーのgit領域の作成
 ・対象の階層にフォルダを作成し、そこを、gitデータ領域にする。

※このとき、–boreを付けるのがポイントのようだ。

そして、gitアカウントで行っているので、フォルダ権限がgitになっている点もポイント、管理権限などでやってて、あとでpushアクセスができないというのはアルアルなので・・・

6、ローカルPCでpushしてみる。

さっき作ったアカウント@サーバードメイン(IPでも可):サーバーの階層
という記述でremoteサーバーの登録をする。
そして、ローカルサービスのPUSHをすると、サーバーに吸い込まれるようにアップロードされる。

今日やったのはここまで。

次回は、ここまでのやり方の改良点などを探ってみる。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*