会社は誰のもの?社長?株主?従業員?

einstein-67711_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

会社の在り方を改めて考えてみました。

それは、毎年訪れる、会社の人事査定のタイミングで考えさせられます。

一年間通して、従業員の価値を判断するというこのイベントは、査定する方もされる方も緊張するので、神経をすり減らします。

そんな中、会社側の生の声と、従業員の生の声を同時に聞いている時、会社の在り方はどうあるべきかを考えてみました。

会社は誰の持ち物?

それは、創業者で間違いないです。

想いも含めて、そうなっていない会社があれば、それは会社がおかしいのです。

必ずしも、代表=創業者、ではない会社もあるとは思いますが、従業員を背負っていることには変わりないはずです。

会社は何のためにあるの?

よく、区分けされるのが、雇う側と雇われる側であるが、ここには、思想構造さに決定的な違いがあります。

簡単に言うと、雇う側は、常に会社全体でのレスポンスを考えて、雇われる側は、個人の仕事の範囲内で考えるという傾向があります。

どちらが正解でもなく、どちらが良いという価値観も、僕にはありません。

これは、違っていて当然でしょうね。

なぜなら、お互いに目的が違うから。

理想的な会社の在り方は?

学生の頃の社会の時間に教わった、

株式会社とは?

という授業で、教科書に書かれていたのは、

「利潤を追求する組織」

とありました。

何故か、ずっと頭の中に残ってましたが、この歳になって、ようやく理解できた気がしました。

会社は、真っ当に利益が出ていれば、健全であり、あるべき姿だと思います。

利益が出てないとダメかというと、そうではなく、利益を追求する姿勢があるべき姿だと思います。

結果、会社は誰の物?

会社=組織、ですが、会社は、組織全体の物ではないでしょうか。

雇う側も、雇われる側も、どのセグメントも含めて、一つの同じ会社という財布を、みんなで運用している事には変わりありません。

隣の部署の悪いことを言っていたり、社長や上司の無能ぶりを、卑下したり、無能な部下を罵ったり、それも含めて、会社内の事情なのです。

全員が、こういう思想になると、組織はどうなるのでしょう。

人が複数集まると、同じ方向を向き続けるのは難しいのはよくわかりますが、この点は、追求すべきでしょうね。

それが嫌なら、辞めれば良いだけです。

簡単に言いますが、辞めたくなければ頑張るしか無いのです。

会社の在り方とは、個人の在り方なんですね。

2 comments

  • 意外と人の事を考えないということの方が普通な世の中なので、会社を共有していると考える事のほうが難しいかもしれないよね。

  • そもそも、みんながみんなの為に働く意識を持てば、そんな深いこと考えずに働けるんですけどねー。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*