Webサービス開発の「モックアップ」を効率よく提供してくれる「モクツク」

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

こんにちわ。
 

ITお悩み相談役の、下駄です。
 

僕が独立して3年以上経ち、対した営業活動もせずにお仕事がいただけているのは、知人や友人、お名刺交換させていたがいた方などから、色々なITに関する相談を受けてそれをそのまま、制作したり開発したりさせてもらっているのが重な仕事内容になります。
 

yentaのようなビジネスマッチングアプリを使って繋がりを増やしたり、毎日のブログ発信、プログラミング教育をメインとした内容で発信しているPodcastなど、色々なアウトプットもしていますが、
 

いっそのことそうしたお悩み相談も含めたいま世の中に無いけど必要そうなサービスを提供してみようと思い立ってLPを作ってみました。
 

https://myntinc.com/?f=mockup

どんなサービス?

モックアップって何?という人もいるかもしれないので、簡単に説明をすると、これからWEBシステムや、サービスを作り出そうとする前に、そのシステムを実際に触って確認してみて、そのアイデアが実際的に有効なものなのか?というような確認を行い、自身を持って製品開発を行う事ができるようにするための、試作品です。
 

このようなモックアップは、多くの開発現場では、作られずに、いきなり本番開発を行い、出来上がったシステムを、アイデアを出した人が「こんなはずではなかった・・・」というような結果になるケースも少なくないという話を知り合いからもよく聞きます。
 

実際の開発工程では、α版、β版というようなバージョンで、α版というのがモックアップとして近い位置づけにありますが、多くのα版は評価対象ではなく、開発の技術研究版として、通り過ぎる事が多いので、この時点でサービスの本日を見直すという評価はされていないようです。
 

思い切ってモックアップを簡単に作ってもらうことで、アイデアに対する評価ができるという点と、開発の初動スピードを高速化できるというメリットがあると考え、
 

それを最も効率的に提供できるサービスが、今回ご紹介する「モクツク」サービスです。
 

でも、自動的にモックアップを作ってくれるという未来の技術のサービスではなく、「誰にそうだんすればいいか分からない」というような世の中で行き場のないアイデアが、そのまま消え去っていく事を救済するケースと、
 

製品アイデアを、開発完了まで待たずして、いち早く触ってみたいというようなケースなどに対応するために、
 

開発スピードを業界最速と自負している開発員が、独自のフレームワークを使って素早く構築してご提供するサービスです。

どうして素早く構築できるの?

WEBサービス、アプリケーション、ソフトウェアなどを使って、サブスクシステムの構築や、ネット販売などを行うことが当たり前になってきた現在ですが、
 

実際に事業化したいIT開発を開発製作会社にお願いしてみると、その金額の高さ、完成するまでのスピード(期間)、要件定義など事前に要する資料や情報など、少しハードルが高い感じを受ける人も多いでしょう。
 

実際に一番問題とされているのが、「スピード」で、簡単に作れると思っていたのに、想定よりも長い期間かかってしまう開発に、サービスアイデアをすぐに実現させたいと、苛ついている経営者も多いようです。
 

これを「モクツク」サービスでは、どうやって素早く開発ができるのかというと、多くのインターネットサービスを構築してきた経験を生かして、大体どんなケースにも適用できるようにと、独自で専用のフレームワークを構築して、
 

その中の機能ライブラリを活用することで、それらをいちいち開発したり、他社システム(OSSライブラリなど)の仕様を確認しながら開発を行うスピードでは時間がかかってしまうため、
 

それを、独自の方法で最速に行うことで、構築完了のスピードを早めています。
 

実際に、某アパレル会社の商品カートシステムを1週間で納品した実績や、正式書類をOCR技術を使って、webシステムに取り込むシステム構築などは、通常の開発会社では、数ヶ月かかってしまうのが当たり前ですが、1ヶ月足らずの開発で納品完了まで行った実績があります。
 

そしても、最も効率的な手法として、これらの開発で行ったデザインや、独自に作ったライブラリなどを、次回以降は、プラグインとして使えるようにするフレームワーク構成が、この作業をすればするほど、スピードアップできるという仕組みが、効率的にサービス提供できる「モクツク」の真髄と言えるでしょう。

ITの相談ってどういうものが多いの?

あまり深い事は書けませんが、これまで、以下のようなIT製品開発におけるお問い合わせがあったので、サンプルとして掲載しておきます。
 

問い合わせ その1「写真共有、動画作成システム」

結婚式プランナーの人が、結婚式の参加者がみんな、スマートフォンで撮影した写真を、式が終わってから送り合って交換をしているというのを聞き、祭場のその場でリアルタイムに写真が共有できて、式の終わりに動画として見ることができるシステムって作ることができないものか??
 

この方が、知り合いの開発技術者に同様の質問をしたトコロ、動画を作る箇所がハードルが高く、何人にも、「できない」と断られていたところ、ご相談いただいて、製品開発まで行わせていただいたケースです。
 

https://www.youtube.com/channel/UCrOA8g91CtTo9G4q-xS2pLg
 

問い合わせ その2「競馬予想サイト」

僕の知り合いの人から相談された案件で、たくさんの会社経営をしている年配の経営者の方が、趣味で行っている競馬予想が、すこぶる的中率が高く、その人の予想を公開してユーザーをつのるSNS的なサイトを作ることができないか?という事で、
 

大手企業などからの製作オファーを頂いているけど、契約利率などが気に入らないため、レベニューシェアで開発してもらいたいという内容でした。
 

中央競馬と地方競馬のすべてのレース情報と、レース結果を、5分足ぐらいのwebクローリング技術で取得し、予想登録に対して、ほぼリアルタイムに結果出力ができるシステムを構築し、paypal決済を加えて構築。
 

現在は、サービスを停止していますが、色々なライブラリを構築できて、一気にプラグインが増えた案件でした。
 

問い合わせ その3「上場企業IRツール」

僕の前職の同僚が、独立して、もともとIR部門に居た頃からの知り合いと話をした上でためていたアイデアを実現したサービスですが、
上場企業の株価情報、企業の業績情報、などを取得し、IR担当者が仕事をする上で便利になるツールを提供したいという事で、
 

サイト構築一式を相談の上引き受けた案件でした。
 

このサービスも、公開サービスではないため、URLは掲載できませんが、モックアップ版を評価いただいて活用されています。

問い合わせ その4「企業ホームページ」

最も多い問い合わせは、「ホームページを作って欲しい」という内容です。
 

単純にホームページを作るだけかと思われ勝ちですが、その企業の内容に沿った表示や機能などは、ヒアリングをすると、思ったよりも多く出てきます。
 

外国語対応や、動画掲載、それぞれの商品を一覧と詳細で見せるといった、ビジネスWEBサイトは作り慣れないとなかなか効率よく構築することが難しいという事も経験で覚えてきました。

コンサルティングとは違った視点

実際こうしたお悩み相談をしてくる方は、「ITがよくわからない」という事が前提の人が多く、ただアイデアを実現したいという場合や、とにかくシステムを作ってくれという方が多いのですが、
 

いざ開発を始める時に、色々な情報を打ち合わせをしながら収集していくと、想定されていない技術課題などが山のようにでてくることがほとんどです。
 

コレ自体は、悪いことでもなんでもなく、ITがわからない人にとっては、そんな課題など想像もつかないことが当たり前なので、それを解決してあげる必要があるという事なんですね。
 

ボクはこれを、「事前コンサルティング」と呼んでいるんですが、個人的にはあまりコンサルティングがあまり好きではないので、密かに開発として行っているようにしていますが、
 

こうしたIT視点で案件の内容を深堀りするというのも、「モクツク」サービスの有効ポイントであると考えています。
 

ITブレインが社内に存在しない会社などは、これからのIT社会では、必須になるであろう技術視点を補う事も可能になるので、ITに困っている、迷っている会社経営の方は、「モクツク」サービスにお問い合わせしてみてはいかがでしょうか?
 

ガッツリ宣伝するブログ記事になってしまいましたが、技術開発者の方などとのご意見交換などもウェルカムです。
 

会社ホームページなどでお気軽にご相談ください。
 

https://myntinc.com

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です