お絵かきiPhoneアプリを作ってみた #3「消しゴム機能の搭載」

xcode
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

お絵かきPhoneアプリを作ってみた #1「30分で簡単機能の構築」
お絵かきPhoneアプリを作ってみた #2「機能ボタンを設置」

お絵かきアプリ作成の第3回は、前回付けた「消す」ボタンを押した時に実際に描いた線を消せるようにしたいと思います。

しくみは、そんなに複雑ではなく、透明を上書きするという事です。

起動時の処理に追加

ボタンを追加するだけなので、「ViewController.m」の記述だけでOKです。

関数呼び出しを記述

まずは、アプリ起動時にボタンが現れるようにしたいので、「viewDidLoad」に書きます。
ベタに書いたんで、少し長くなりましたが、2つ分をさらに関数分解して書くと効率的ですが、とりあえず、わかりやすさ優先という事で。

関数部分の記述

各ボタンを押した時に呼び出される関数の追加

上記のコード内にすでに書いている関数を記述します。

実行してみる

どうでしょう?

ベタですが、文字ボタンが表示されればOKです。
ついでに押した時に、コンソールにデバッグ文字が表示されれば、完璧です。

iOS Simulator Screen Shot 2015.02.19 16.45.54

現段階のソースコード

今回はボタンの設置のみで、ボタンを押しても、描き込みが消せません。
実際に消せるようにするのは次回にしたいと思います。

ViewController.m

※間違いを見つけた人は、こっそりお知らせいただくか、コメント欄に記入してください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*