電子回路に詳しくなりたいので勉強するブログ #2「電圧・電流・抵抗の計算」

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

2回めからは実践になります。

基本的にブレッドボードとLEDを使って体感しながら学習するスタンスですが、
「電流・電圧・抵抗」
については、理論と計算式を頭の中に叩きこむのが目的のようです。

電圧について

よく水の流れで例えるのですが、水は上から下に落ちるように流れる事をイメージして、
「電圧」はその水の高低差の事を指すようです。

wikipediaでは、「二点間の電位の差」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%9C%A7

書き方がいちいち難しいですね。

電流について

電流は、漢字の通り、電気を流す量の事です。
電子回路での電流は、電源、抵抗、LEDをなど、どの箇所を測っても一定というルールがある事を知りました。
※ただ、後で勉強して分かるんですが、一直線の回路の原理なので、並列が発生した場合は、電流は並列分に分けられるという点が少しややこしいです。

wikipediaでの記述は「電位差によって引き起こされる荷電粒子の流れのこと」だそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B5%81

何故、わざわざ難しく書くんでしょう。

抵抗について

実は一番わかり易いのが抵抗なんですが、電流の流れを

wikipediaでは「電流の流れにくさのこと」と説明されてます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%8A%B5%E6%8A%97

計算式

電圧 = 電流 x 抵抗

この方程式が全てなのです。

例)回路の中の構成について

[table sort=”,電源,電気抵抗,LED”]
電圧,6V,4V,2V
電流,2A,2A,2A
抵抗,3Ω,2Ω,1Ω
[/table]

上記の表を見て分かることは、

電流は、全て同じ値
電圧は、電気抵抗 + LED = 電源
抵抗も、電気抵抗 + LED = 電源

という構成で、どこかが歯抜けになっていても、計算すれば値が求められるという事です。

とにかく、「電圧・電流・抵抗」については、ひたすらブレッドボードでセットして、いろんな値の抵抗に入れ替えたり
LEDを増やしたりしてみて、テスターでそれを計測して、計算上あっているかを確認するという工程で、
頭のなかでの計算イメージをつかむことがポイントのようだ。

V = E x I

この計算式を頭に覚えておこう

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です