個人の勝手と失敗と懇願と愛想について

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

子供が成長して来たり、会社で役職がついたり、友達がパソコンを始めたと言ってきたり、

近頃、人に教えてあげることがやたらめったら多くなって来て、上手くいくことがあまり無いので、

考えをメモって、おきます。

教えることと、育てることの違い

「教える」と「育てる」は根本的に違うようです。

勉強は、教える。
子供は、育てる。
会社の部下は、教育。
友達には、教える。

書いてみて、何となく分かってきました。

僕の中の順位づけで、子供が最上位にいたんですが、これを見ると、会社の部下が、教えて育てるという位置なんですね。
もちろん子供にも「教育」を行うが、育てる方が合っていると思う。

それにしても、どうりで、会社の部下が一番手間がかかるわけだ。

うまくいかない事

僕は人に教えるという事が、上手いと思ったことはないが、自分の教える事を覚えると、どんだけいい事があるかは、魅力的に説明できます。

おそらく、そういう話を聞いた人が、それを教えてくれと言われるパターンが多いのだが、

いざ、教え始めると、教わる側が、
「大体分かった」
という感じになります。

僕もそれ以上教えません。

全てを教えていないし、肝心な箇所にたどり着いていないのに、教わっている方は、分かっている気分になります。

なんででしょう?

学校で、先生の話を聞きながら、教科書を先読みして、分かった気になっているあの感覚なのだろうか?

それとも、基礎だけ教わって、あとはネットで勉強するからという、遠回しの教育拒否なのだろうか?

ここまでは、僕も、ある意味、本人も理解できて、やる気と成長の兆しが見えてきたので、いい感じなのだが、

問題はここからだった

教えた事を実践しようとすると、失敗するのだ。

じつは、失敗自体は、物事を教わる過程において、物凄く有意義な体験とされていて、物事を覚える最短の距離とも思えます。

だけど、失敗した後で、

「どうすればいいでしょうか?」

と聞きに来るところで、そもそもの失敗に僕も気がつきました。

「それを考えないと、成長できんやろ!」

心の中で、繰り返しそう叫ぶのですが、分かった気になっていた教わった人は、顔を真っ青にして、失敗した事を挽回しようとしています。

仕事であれば、時間が優先なので、サクッと手直しして終了ですが、本人は、折角の成長のチャンスを逃してしまいました。

愛想をつかす?

もちろん、本人の分かったという言葉を信じて、教育終了する事は無いのですが、

この本人の分かったという感覚が、その後の成長を止めてしまうという傾向が見られたので、ここらで教育方針を変えないといけないと感じました。

僕にとっての分かったポイントがそこだったんですね。

ポイント

教わることに対して、教育者は、教わる側が分かったかどうかではなくて、ちゃんと教えているかを確認すべきだと。

次からはもう少し、シナリオ立てて教えるようにしよう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です