サーバーのよく使うコマンドメモ| OSバージョン

server_command
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

仕事でサーバーを大量に扱っていると、全て同じサーバーであれば、さほど困らないが、
サービスや役割によって、OSやスペックを変更することは必ずある。

具体的には、Linuxのディストリビューションは大きく2つの勢力があり
「Debian」と「CentOS」だ。

CentOSは商用としてヒットした「RedHat」系という事もあり、どちらかというと、
サービスサーバーにはCentOSがよく使われているようだ。

ただ、一方、個人用のデスクトップ機としては「Ubuntu」が人気で、雑誌にもかなりの確率で
付録のDVDにインストーラが入っている。

どちらも甲乙つけがたいが、それらをまとめて管理している方はたまったもんじゃない。

そこで、OSの種類と、バージョンを簡単に調べるコマンドをメモしておきます。

サーバー管理

基本

OSバージョンの確認方法

*macでは、「ファイルが無い」とエラーになります。

OSバージョンが少し細かく確認できる

ディストリビューション別コマンド

Debian

Ubuntu

CentOS

Fedora

SUSE Linux

Turbo Linux

Vine Linux

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*