ドメイン検索を楽にしてくれるサービス「agile domain search」

スクリーンショット 2015-03-22 13.20.54
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

ブログを立ち上げる時や、新しくサービスを作った時など、商品名を考えるのも難しいですが、ドメインを取得するのはもっと難しい作業です。

商品名とドメインは、なるべく同じにするか、略称にしたいものです。

.com(ドットコム)ドメインで3文字、4文字はほぼ枯渇したらしく、「-」ハイフンを組み込んだり、複数の単語を組み合わせなければ、取得はできません。

しかし、新しいドメインもどんどん作られており、昨年「.tokyo」っていうのも出来てますが、未だに出会ったことはありません。

agile domain searchというサービス

そんなドメインを考えてくれる便利なサービスがあるので、色々試してみた。

http://agiledomainsearch.com/

スクリーンショット 2015-03-22 13.29.01

URLにアクセスすると、今どきっぽくなく、文字ばっかりのサイトに来るので、少しアングラ感を感じますが、画像の「Enter a word search..」
の箇所に、文字列を入力すると、前後にかっこ良く文字をつなげて、ドメインを作ってくれる。

試しに使ってみる

試しに、「geta」で検討してみよう。

入力して「Enter」キーを押すと、画面いっぱいにサンプルが表示される。

スクリーンショット 2015-03-22 13.32.10

「Showing 150 of 4,361 available domains — Show more available domains.」

と書かれていたので、どうやら、4361パターンも作られているようだ。

なんて素敵なんだ!!

そのドメイン、本当に使えるのか?

せっかく作ってくれても、すでに取得されているドメインであれば、全く意味が無い。

そんな時は気に入ったフレーズをクリックすると、以下のような画面が立ち上がり、

スクリーンショット 2015-03-22 13.35.25

「PureGeta.com is still available – Save to favorites」

という風に、まだ使えると教えてくれます。

ごくたま〜に、取得済みのアドレスがあるので、「お名前.com」などで最終的に確認しておくことも重要ですね。

いろんな機能でチョイスしよう

「save」ボタンをおしてお気に入りに入れておくと、後ほど複数の中から決められて便利です。

右メニューの「length」を押すと、文字列が短い順に表示されるので、ドメインとしては、出来る限り短い方がいい場合が多いので、この機能は必須である。

スクリーンショット 2015-03-22 13.43.56

なかなか決まらない名称のサンプルとして使おう

仕事で、複数人でサービス名を決める時に、気持よく決まる事ってあまりないので、このサービスで、アイデアを大量に出してもらって、その中からピックアップするという事で、かなりの工数削減にも繋がると思われるので、仕事効率アップの為にも、こういったサービスはありがたいですね。

まだ、使いこなしてませんが、.com以外のドメインなどどのくらい対応しているかもポイントなので、周辺ドメインを抑える機能などもあるともっと便利なのだが、贅沢は言わないでおこう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です