MacのターミナルでBase64エンコード/デコード

workstation-336369_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

今日、メールのヘッダを解析する事があり、IPの遷移やドメイン、タイムスタンプなどを追っていたが、gmail使ってたのて、カナダ行ったり、アメリカ行ったりしてて、めちゃくちゃ振り回されました。

ヘッダ文字列から追うのは難しいかと思って一旦諦めたんですが、添付にcontent-type:spreadsheetとあったので、エクセルファイルが添付されているように見えたんで、その路線で探ってみました。

その時に、メールヘッダで添付がbase64に変換されてしまうので、まずはそのデコードコマンドが非常に簡易だったので、メモがてら書いておきます。

参考サイト
http://d.hatena.ne.jp/ykmbpp/20090308/1236518887

【デコードのやりかた】

1、まずbase64の対象文字列をテキストファイルで保存して、なんか適当なファイル名を付けておく。

2、コマンドで以下を入力

※対象のファイルがexcelの場合はxls、photoshopの場合はpsdのように、拡張子は都度変更してください。

3、そしてできたhoge_out.txtがバイナリでちゃんと動作することを確認しましょう。
※テキストの場合も文字化けしていないか確認

どうやらコマンドの「-d」がデコードらしいので、これをなくすとエンコードになるらしい。

最近のブラウザはbase64でimgタグがかけるので、1つのHTMLファイルで画像も全て入ったものもできちゃうわけです。

デザイナーさんの納品などで活用してはどうでしょう??

image

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*