スキルと要領と効率の狭間

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

とにかく忙しい時、誰でもいいから手伝って欲しい時、実は誰でもいい訳ではないですよね。

何も分からない人が手伝いに来たら、まず、その人に教えなければ作業が進まなくなってしまいます。

また、手伝いの人が慣れていないと、ミスをして、さらに余計な仕事が増える可能性もあります。

でも、そこを踏ん張って、なるべく早いタイミングで教え込むことによって、自分の分身のようになってくれる可能性もあります。

貴方なら、どうしますか?

究極の選択?

この選択を究極の選択と考える人は、永遠に忙しさから離れられないでしょう。

何故なら、マイナスの可能性もあるが、プラスになる要素があるのであれば、トライするという事が、将来に影響する事に気がついていないからですね。

いつまでも言い訳しながら、プロの作業と思い込んで、一定の生産性しか出せない人になるでしょう。

確証があれば

しかし、先ほどの選択肢で、手伝ってくれる人が、理解度が高くて、器用な人だったらどうでしょう?

もちろん、そんな人が手伝ってくれるのであれば、断る人の方が少ないでしょう。

果たしてそんな人が世の中にどの位いるのでしょうか?

発想の逆転

ここで、もしも貴方が、手伝って欲しいと言われた側だったらどうでしょう。

相手はあなたを見て、大丈夫という確証が持てるでしょうか?

それとも、リスクと見られて、断られてしまうでしょうか。

はたまた、前向きな人で、リスクはあるが可能性にトライするという意味で、手伝わせてもらえるでしょうか?

本心を見抜け

どの選択肢かは、分からないが、手伝わせてもらえるかどうかは、白黒ハッキリするでしょう。

相手の応対を見て、どのレベルでアサインされたか判断してみると、自分の人から見られている、能力レベルがなんとなく計れるのではないでしょうか。

重要なのは効率

ここで、手伝いをする際に、どういう人が能力が高く見られるか、考えてみると、

コミュニケーションが取れる
理論的で効率的
正確に作業できる

というぐらいの、レベルの高さでしょう。

作業内容にもよりますが、自分と同じレベルを求めているはずなのに、人に求めるレベルは高くなりがちです。

中でも効率の良さは、なかなか習得が難しいスキルなので、是非ここを追求する事をオススメします。

小さな作業でもフル発揮

是非、スキルを活かして効率よく作業をして、要領よく何でもこなしてみよう。

この組み合わせが、難なくできる人は問題ないですが、どこでつまづいてしまうか、自分を試してみてください。

己を知ることが、すべての始まりなのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です