リーダーはダメな奴を選べ

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

昔からリーダー気質な人は、ジャイアン気質な人が多い印象があった。

確かに、人に対して、強く当たれて、主張を曲げないという気質と

言っていることが間違っていなければ、リーダー気質としては問題ないでしょう。

アメリカでは役職としてのリーダーが最重要

日本では縦社会として、役職が存在し、最上位と最下位以外は、全て中間管理職として成り立ってします。

下も上も立てないといけないこの体勢が、個人的には、とても嫌いなのだが、日本の組織では仕方がないことの方が多い。

アメリカでは、中間管理職は存在するが、リーダーという、かなり強いポジションが存在する。

リーダーの役割

全てのプロジェクトには、リーダーが存在して、リーダーが全てをまとめる。

メンバーの事情も含め、とにかく全てをまとめるのが役割だ。

権限も報酬もとにかく手厚くしていて、やりがいもある。

成功すると本当にハッピーだが、プロジェクトが失敗すると、もちろん責任も付いてくる。

日本の事情と違う点

日本と違うのは、プロジェクトの責任がとにかく明確という点でしょう、

日本は、会議大好きな経営者が、机に座って、プロジェクトをコントロールしたがるが、もちろん、事件は会議室では起きない。

現場がジャッジをして、行動して、結論を出す。という文化が何よりよく感じる。

リーダー向きな人

冒頭、ジャイアンが向いていると言ったが、

勉強もできて、すぐに行動ができて、成績が一番で今まで負け知らず、という天才肌がたまに世の中いますが、

こういう人をリーダーにすると実はあまり成功したことがないという経験があります。

天才肌という事が、人に依存するかもしれませんが、

まず、失敗をした事がないという人は、リーダーには向かないようです。
そして、部下の失敗にとても厳しい傾向があります。
部活から、離れていく事は間違いないでしょうね。

次に、完璧な人は、あまり人がなつかない傾向があるので、チームプレイに向かない傾向がありますね。
スラムダンクの流川などは分かりやすいのでは?

その点ジャイアンは、強い以外は、ダメなところも多く、でもそれ一つがとにかく光ってます。

こういうタイプは、部下が支えるという観点で、うまくチーム体制が作れるケースが多いようですね。

チームにおけるリーダーの役割

僕がゲーム会社にいた時に、長年一緒にやってきたプロデューサーは、開発のことはとにかく何も分からないが、戦略とセンスだけはずば抜けていて、

クリエーターとしてとても尊敬できました。

理想のリーダー像を目の前で見ることが出来ることはとても良いことで、

学生時代にバイトしてた時に、とにかく何でも手本にしていた先輩など、

身の回りに、自分の個別のリーダーを見つけることをお勧めします。

自分以外にリーダーがいる場合は、できるだけ引き立ててあげましょう

完璧なリーダーが不要であれば、みんなで周りの人を尊重して、参考にして、切磋琢磨しながら、成長できる環境が、

チームプレイの最終形態だと気付きました。

リーダーは、その中で、みんなの背中を少し押せる人でかつ、ゴールに向かう方向性を決められる人ですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です