コンサルティングという無形提供の仕事

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

職業別給料ランキングというのをよく見かけるが、職業に混ざって、コンサルティングというのがたまにある。

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/income/ranking/job_rank

コンサルティングは、職業なのか?

上位に占めるコンサルティング

この表をよく見ると、色々なコンサルティングが存在するのが分かる。

経営コンサルティングから、財務コンサルティング、人事コンサルティング、

なんとなく、企業のバックオフィスに関してが多いという印象がある。

もちろん上位にいる営業コンサルティングも、限りなく経営コンサルティングなのだろう。

具体的に何をするのか?

今まで僕勤めた会社では、何度か人材コンサルティングという人と接したことがある。

とある人材コンサルティング会社では、社内のマネジメント層の教育研修を行ったり、

別の会社では従業員のモチベーションをアンケートを基にグラフ化して、今現在の会社の状態をレポートしたり、

営業業務を代行して、やり方はお任せで確実に売り上げと顧客を獲得するという、力技を行っていた会社もあった。

なんとなく、社内でスペシャリストがおらず、やり方や、成果を、高値でお願いするというのが実態のようだ。

Webコンサルトの実態

ニュアンスは同じ印象があり、自社サイトなどのwebサイトとしての価値を指標化して、具体的な形で提示するというものと、seoやコンバージョンアップを、代行、提案するという事が主だと思います。

ビッグデータとコンサルティングの相関関係

ビッグデータは、企業が持っている財産で、利用方法が分からないという事で、コンサルティングを入れて、二次収入を狙っている会社も少なくないと思いますが、

大手の成功パターンは、テレビCMと同じ感じで、センスがモノを言うという事を理解しないといけません。

単純にwebページでビュー数が大量に獲得できているかといって、それがビッグデータと考えるのは切迫でしょうね。

コンサルティングのセンス

こればっかりは、実績と評判を基に判断するしかないのですが、センスの悪いコンサルティングは、とにかくタチが悪いです。

コンサルティングは、納品物がない事も多く、後から、その担当者を採用すれば良かったと、後悔する経営者も少なくないので、契約で成果物を握っておくことは、重要でしょう。

それでももてはやされるコンサルティング

社外で知り合いの営業マンが、独立するというので、お祝いに飲んでいたところ、「とりあえずコンサルティングを行う」と言っていたのを思い出した。

金額が取れて、自分の得意な知識を販売できるという事で、手っ取り早く金になるらしい。

今のよのなか、情報という無形の物が大金になるという事を改めて認識しました。

良い悪いではなく、情報に質を持たせられると、それも資産ということなんですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です