仕事の頼み方、頼まれ方

boy-69751_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

基本的に、仕事を頼む時は、細かな仕様を提示しなければならない。

当たり前だがこれがあまりできていない。何故なら、

「そんなに細かく仕様を切るなら、自分でやったほうが早い」

と思うからね。

その後納品してもらった成果物は、依頼した仕事以上のモノは、できていなくて当たり前。
いい感じに良くなることなんて、ほぼないのだ。

ただ、「いい感じにしといて」という頼み方もあるが、これを受ける側のも、完了イメージを提示すべきだと思う。
よくある話で、上がってきた完成物が、全然方向性が違う、なんて笑い話は、以外と頻繁に起きている。

お互いに、決して悪くないと言う気持ちでやっているにも関わらずなのだ。

信頼関係というのは、ただの思い込みと思うべし。

まあ、あくまで、仕事としてというのが大前提だが、発注の仕方、受注の仕方というのもスキルなのだと、ふと気がついただけのこと。
このスキルは、個人の人間関係にもうまく影響するので、是非とも心得ておきたいものだ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*