好奇心ボタン

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

このボタンを押すとどうなるか分からない状況ってありますか?
駅のホームで、緊急停止ボタンや、エレベーターの緊急ボタン、何か分からない機械のよく分からないボタンなど、押すなと書いてあるので、押す奴などいないと思うが、押したい衝動にかられる人は少なくないようだ。

「押すな押すな」と言われると

間違っても、緊急ではない時に緊急ボタンを押す事はしてはいけないのだが、芸人魂が騒ぐ人がどうもいるようです。

小さい子が昆虫を踏みつけたりするのもある意味好奇心なのだが、良識が付いてくると、こうした行為は無くなるものです。

猫が猫じゃらしをひたすら追いかけるのと同じなのでしょうね。

人間は、学習能力が高いので、やるなと言われると、学習してやら無くなります。

失敗しないと学習できない人

人から言われて、素直に受け入れられなくて、自分で行動して、予想通り失敗して、始めて、やってはいけない事を理解する人もいます。

人から言われている時点で、「やめときゃいいのに」と思い、失敗を笑う人もいますが、必ずしもこうした人は、多くの人よりも劣っているとは、僕はどうしても思えません。

優越感と劣等感

「失敗を恐れない」というとカッコよく聞こえますが、失敗しないと理解できないのは、頭で後の事をシミュレーションできないという事なのだが、このレベルが実はその人の才能だと考えます。

失敗をする人を見て、優越感を覚える人は非常に多いと思われますが、失敗をして、劣等感を感じない人は、すごく少ないと思います。

人から失敗を笑われようものなら、必ず悔しい想いもするだろうし、逆に恨みを覚える事もあるでしょうが、

失敗してもそれを感じさせない人がいて、その失敗を元に成功するという人がいたら、すごく美談だと思いませんか?

失敗は成功までの途中過程

まず、「やってはいけない」という事に対して、やったらどうなるかという問いかけに、明確に、どうなるかが分かっている事があれば、それはやらなくても分かっているというレベルです。

では、「やったらどうなるか分からない」という事に対してやらない方が無難と考えるか、好奇心でやってみるかは、大きな差が生まれています。

この時点で、判断基準が180度違うわけですから、ある意味、分岐点ですね。

好奇心の先にあるもの

物事の真実を全て知る必要はないのですが、好奇心のない人は、人としての魅力がとても乏しくなります。

大人になってずっと好奇心を持っている人は、変人扱いされるか、天才と呼ばれる人が多いですよね。

この差は、誰もやらない事に好奇心を沸かして、その先に「成功するかどうか」です。

好奇心があって、その後成功するイメージが湧いているかどうかです。

そのイメージ通りに行く人はあまりおらず、大体の人が、偶然成功してしまったパターンです。

でも、天才と呼ばれる人は、この偶然が前人未到であるので、誰もこの偶然に対して意見ができず、さらにここから法則を見つける事が多いようです。

成功の法則は非常に重要で、後からその話を聞いた時に、信憑性が出ます。

まあ、後日談では何とでも言えますからね、

変人扱いを受け入れられるかがポイント

好奇心のままに行動をする事は、周囲の目を意識しているととてもできる事ではありません。

でも、この時点で、好奇心を実行できる人と差がついている事も理解しましょう。

彼らは、そんな事は考えないのです。

思うがままに動くのが、そちら側の人なのでしょう。

会社の部下がこういうタイプだったとしたら、上司や先輩である、あなたは、受け入れられますか?

そこに根拠も、理論も、ないはずですが、イメージだけはあると思うので、その点で判断してあげてください。

秀才は育つが天才は育たない

勉強して秀才は作れますが、天才というのは、その人自身の事なので、作る、育てるというのは、ほぼ皆無でしょうね。

親が子供を英才教育しても、子供がどう考えるかで全く結果は変わるのですが、やるだけ無駄という事はありません。

できる限りの努力は必ずしましょう。

よく、天才は環境が生むという風に言われますが、人から、良い悪いを言われて実践するのではなく、

誰も答えの持っていない事に好奇心を持って、自分でイメージしてトライしてみてはいかがでしょうか?

子供も人もそうした人の下であればいい環境だと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です