相手を納得させるには、理論値ではなくストーリー

success-503509_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn


営業現場やプレゼンテーションなど、相手を納得させなければならない時は、日々の生活において少なくない。

開発の現場でも、会議で仕様を伝える時や、トレーニングの時など。

そんな時、相手を追い込む「理詰め」で行ってはいないだろうか?

上司、部下であればそれで良いこともあるが、出来れば相手を納得させて、お互いに気分が良くなる方が絶対に良いはず。

脳科学の権威が「ストーリー」を使うと、同じ内容でも相手の共感が得られやすい。という事が発表された。

学問的なことはよく分からないが、本筋は理解できた。

プレゼンテーション内容で、数値だけの発表をしていると、傍聴者は間違いなく寝ているだろう。

今までよく言われていたのは、視覚的に分かりやすいグラフや図を差し込むという方法だが、興味のない人には、そもそも届かないだろう。

そこで、このストーリーを使った手段というわけだ。

会社の売り上げが伸びない原因を、日本経済の話ではなく、一家庭のサラリーマンストーリーで話すと、内容に共感が持てる。

普通のサラリーマン家庭の男性が、ある時病気にかかってしまう。
子供も小学生になり、塾にサッカーなど教育費もかかる。
自宅のローンなどもあるため、出来れば早く元気になりたいと思っていた矢先、会社から、戦力外通知が。
悲観的になりそうなそんな話だが、男性は、ポッカリ空いた時間で、ネットビジネスを始める。
最初はアフェリエイトから、時間は沢山あったので、色々なセミナーに足を運び、べんきょうも出来た。
何とか1年くらいは切り詰めて頑張り、男性は以前の収入よりも、ネットビジネスが上回ったそうです。

まあ、よくある話ですが、仕事や、人生でこの話に繋げられることは多い事に気がつきました。

何より、自分がこの男性だったら、

と聞き手が考えるというのが、脳科学において、活性化する。というらしいです。

どうやら、活性化というのは、かなりのポジティブらしいので、今後はこの点に注力してみたいですね。

全く意味のないストーリーでは意味ないのですが、いいストーリーにはより活性化するみたいですよ。

テレビなどでストーリーをメモって溜め込んでみてはどうでしょう?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*