Twitterのbotを作る #3「twitterOAuthの基本操作」twitter,

twitter
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

前回、簡単な投稿BOTを作りましたが、twitter-botの真骨頂は、

  1. ツイート処理
  2. ユーザーフォロー
  3. フォロワーの獲得
  4. フォロワーにメッセージ送信

こういった事をほぼ全て自動化することにbotを設置する意味があるということで、
最終は、上記を全て自動化して、ブロガーの人は、「ブログPVの増加」、アフェリエイトやECの方は「顧客の獲得(売上増加)」を目指す為の、botを作りたいと思います。

今回は上記を実現させるための下準備という事で、前回作ったbot環境を元に、ライブラリを通して、twitterサーバーに対して行える操作をまとめたいと思います。

環境設定

サーバーはdebianでもubuntuでもcentosでもLINUXであれば何でもOKでしょう。

サーバー環境

  • Apache
  • PHP
  • TwitterOAuthライブラリ(https://github.com/abraham/twitteroauthからDL)
  • twitterアカウント情報「consumer_key」「consumer_secret」「access_token」「access_token_secret」

ファイル構成

  • twitteroauth/(DLしたライブラリを設置)
  • twitter_userinfo.php

※ここまでは前回設置した情報と同じです。

twitterサーバーに対する操作

自分の情報を取得

実行

とりあえず、ターミナルで確認します。

結果

なかなかしっかりした情報が得られます。
次回はこれを基本として、情報収集していきます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です