Macで右クリックをして「新規ファイルを作成」する方法

diary-614149_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

最近Macしか使っていないのですが、「MacとWindowsのどっちを買ったらいいですか?」とまわりの人から聞かれて、「買うのならMacがいいよ」と必ず言うようにしています。

そのココロは、「WindowsにはMacOSはインストールできないけど、MacはBootcampでWindowsがインストールできるため」と教えています。
値段がピンきりという事もありますが、Macのノートもそんなに高いわけではなく、Let’sノートの方がよっぽど高値ですからね。

Macの不満点

そんな中、Windowsをヘビーに使っていた僕としては、Macでどうしても許せない点があります。
それは、Windowsで言うところのエクスプローラー、Macで言うところのFinderです。
windowsは、マウスの右クリックで、ツールメニューが表示され、ここでのファイル操作はGUIとして申し分ないぐらいやりやすいオペレーションでした。
それに引き換えMaxはGUIの元祖のはずなのに、後発のWindowsにこういった便利機能を搭載されて、不便に思われたままです。

具体的には、「右クリックで新規ファイルの作成」があれば、大体解決なんですが、何故かこれができない。
テキストエディタを立ち上げて、からファイルを新規作成して、保存して、初めてファイルが作成されます。

または、別のテキストファイルをコピペして、ファイル名を変更して、中身を書き換えて、ようやく作成される次第です。

痒いところに手が届くフリーソフトありました

「XtraFinder」というソフトがありました。
ググればすぐに見つかりましたね。
https://www.trankynam.com/xtrafinder/

スクリーンショット 2015-05-10 22.43.07

さっそくインストール

1.DLしたimgファイルを立ち上げると、インストーラが現れます。

スクリーンショット 2015-05-10 22.47.29

2.インストーラを起動

スクリーンショット 2015-05-10 22.48.21

3.あっさり完了

スクリーンショット 2015-05-10 22.48.51

4.起動

スクリーンショット 2015-05-10 22.50.13

5.設定

タブ機能にチェックをつける。※これは便利機能なので是非使って欲しい

スクリーンショット 2015-05-10 22.52.33

右クリックでファイル作成ができるようにする。

スクリーンショット 2015-05-11 06.40.00

右クリックしてみる

スクリーンショット 2015-05-11 06.41.17

「テキスト」のからファイルが作れるのでとても便利になりました。
Macでは定番ソフトになりました。

One comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です