パソコンとマラソンとビタミン

stretching-498256_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

IT関連の仕事をしていると、とてもスタイリッシュに見られます。
が、同時に、何をやっているか分からないとも、よく言われます。

不健康な業界

IT業界に20年近くいるのですが、とにかく健康とは真逆な生活を強いられる会社が本当に多いです。

・座りっぱで丸一日
・運動量は通常以下
・視力が良くなる要素無し

とにかく、仕事以外で自分で体をメンテナンスしなければ、若い20代前半の社員が2、3年でブクブクに太って行く様を、何人も見てきた。

三人に一人は腰が悪いという持病持ち

比較的、収入には恵まれているので、食事のこだわりがハンパない若者が結構いる。

どうすれば健康になれるのか?

健康になるというキーワードは、IT業界に限った事ではないのですが、IT業界の人は、スポーツをする趣味を持つ人がどうやら少数派みたいです。

もちろん、会社でスポーツ部などがある所は、比較的、運動する人口も多いと思いますが、

一般的には、ゲーム好きで、休みでもパソコンやスマホ、家庭用ゲーム機で遊ぶという人が大多数のようです。

成功する派は約2割

「8対2の法則」というのをご存知でしょうか?
世の中の物事は、大体が8:2の割合になるという事です。

大体の人が、自分の持っている服の2割だけで8割の時間を過ごしている
仕事の成果は2割の時間で行なったものが8割を占める
働き蟻の、8割はよく働くが2割は必ずサボっている。

このように、世の中の8割は、特定の2割で占めている事がとても多いという法則ですが、
人生において成功する人が2割しかいない・・・

成功する秘訣はマラソンとビタミンにあるらしい

パソコンをしていると不健康という事は重々よく理会できたが、マラソンやジョギングが趣味の人はとにかくリア充の人が多い。

お金をかけずに、体調もよくなるし、医者要らずになる、「ジョギング」や「ウォーキング」ですが、東京マラソンの当選率が1割を切っているぐらい今やマラソンというスポーツが人気なのですね。

また、栄養に欠かせないのがビタミンという事ですが、無理なくマラソンをしてビタミンを摂取すると、パソコンの仕事をしていても、本当に健康に過ごせるらしいですね。

ジョギングとマラソンの違い

英語ネイティブの外国人に「ジョギング」と「マラソン」の違いを指摘されました。

ジョギング:自分のペースでランニングすること
マラソン:競技としてのランニング

この差はとても大きく、日本人はランニングの事をマラソンという人も多いため、外国人は違和感を感じるようですね。

今後は少し気をつけてみましょう。

人生の目標は健康になる事

生きていると、病気も怪我もするわけですが、年をとると、病気のリスクは確実に高くなっていきます。

新陳代謝や筋肉量も落ちてくるが、それを補う活動をしている人は本当に少ないようです。

いまや医学が発達して、平均年齢も戦後と比べて格段にはねあがっていますが、食生活や活動量などを考えると、退化しているようにしか思えません。

来るべき高齢社会に自分が参画する時に、自分の二本の両足でしっかりと立っているために、ジョギングなくてもいいので、体力には気を使うようにしましょう。

エンジニアと呼ばれる人は、とにかく短命な人が多いようですよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*