[server] Linux標準エディタの切り替え

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

Linuxには、viやらnanoやらemacsやらエディタが複数あるが、個人的にviが一番使いやすい。
それは、一番使っているからだろう。
中には「nanoがいい」というサーバー管理者もいるし、emacs好きも存在する。

とりあえず、自分の管轄においては、エディタを標準化したいので、標準エディタの切り替え方法をメモしておきます。

ちなみに、CentOSなどのRddhat系はviが標準で、Debian系はnanoになっているようですね。

切り替え方法

標準エディタは環境変数に設定されているので、それを切り替える事で、標準エディタをセットすることができる。

もっとも簡単な方法は、アカウントのrootディレクトリにある「.bashrc」ファイルに以下の2行を追加する事。

ちなみに、centosなどでnanoをデフォルトエディタにしたい場合は以下のように記述すること

これで、再ログインした際にエディタが切り替わっているはずだ。

確認方法

root権限を持っていれば以下のコマンドを叩くことで、どのエディタが切り替わるか確認できる。

無事に切り替わっていれば成功だ。

ただし、沢山の人数でサーバー管理をする場合、自分の主張ばかりを言い通していては、あまりよくない。
是非とも、いろんなエディタに触り慣れておこう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です