[DIY] AppleWatchのカバーを考える

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

AppleWatchをカバー無しで使っていると、どこかにぶつけて傷つけると少し嫌な気分になると思い、カバーを検討してみることにします。

もちろん市販品でも、沢山のカバーが発売されているようです。

Amazon調べ

DIY

今回は、自宅に余っていた、デザイン作業で使うカッティングシートを使って、単純なカバーを作ってみたいと思います。
カッティングシートがない場合は、100均で売っているスマホのカバーシートでもできると思います。

IMG_1983

AppleWatchを開封した時に、Watchにくっついていたカバーなので、これを参考にしようと思ったけど、思いのほか複雑な形状だったので、もっとシンプルな形にすることにした。

IMG_1984

まずは、テキトーなサイズにテープをカット

IMG_1985

IMG_1986

Watchをおいて、ペンでマーキングしてみる。
初回なので、厳密なサイズではなく、テキトーに点を打ってみました。

IMG_1987

それをさらに、切り取る形に線を書き込む

IMG_1988

デザインカッターを使って、ペンの描き込んだ線の内側を切り抜く

IMG_1989

切り抜いたら一度方から外してみる。

IMG_1990

AppleWatchに乗せてみる。

IMG_1991

サイドボタンを切り抜きたいので、マーキングする。

IMG_1992

マーキングした箇所を切り抜く

IMG_1993

AppleWatchに貼り付ける。

IMG_1994

再度ボタンもクルクル回るので、問題なし

IMG_1995

めちゃくちゃ簡単ですが、これで軽くぶつけて傷が付くという事もなくなるはずなので、ひとまず安心です。
でも、割れるぐらいのぶつけ方をしたら・・・と思うと心配なので、そういう場合は、もう少し厚みのある素材で作るか、既成品のカバーを購入しましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です