サーバーサイドで画面キャプチャ # node.js + webshot

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

デバッグ処理などで重要な画面キャプチャをnodejsで取得してみます。

nodejsのインストール

バージョン確認

上記の様に返答がない場合、下記のコマンドで実行できる場合がありますが、こういう場合は、標準コマンドのnodeでパスを通して上げる必要があります。
※こうしておかないと、npmコマンドが正常に実行できなくなります。

nodejsをnodeにシンボリックリンクする

npmをインストール

phantomjsのwrapperである「webshot」をインストール

# ローカル環境にインストール
$ npm install webshot

# グローバル環境にインストール
$ npm install webshot -g

簡単にキャプチャを取得

google

日本語対応

画面キャプチャで文字化けしているのは、nodejsに表示用のフォントが足りていない事が原因なので、インストールしてあげれば問題解決。

これだけで無事に日本語表示ができました。

google2

課題

今現在は、画面サイズや、縦スクロールして全てのサイズを取得できないので、こういう場合の対応も必要になります。
また、自動化する場合の重要点としては、取得した画像を日別で取得して、画像の差分をチェックするような処理も必要になりそうです。
とりあえず、次回移行にクロール処理も含めて対応してみたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です