MACでPDFの複数ページを数枚のJPEGに保存する # Automator編

automator_1
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

スキャナでデジタイズ化したPDFを編集したい場合、AdobeのAcrobatを使って編集すればいいのですが、できるだけ無料で操作を行いたいので、とりあえずJPEGファイルを出力したいと思います。

今回はMacのフリーソフトである「Automator」を使ってPDFをJPEGに変換する方法をメモしておきます。

AutomatorはMacの標準ソフトです

以前はAppStoreにダウンロードできるページがあったんですが、現在はページが削除されています。

代わりに英語ページですが、tipsなどを紹介しているページがあったので、リンクを載せておきます。

http://macosxautomation.com/automator/

作業

Automatorを起動

「ワークフロー」を選択して「選択」ボタンを押す。

スクリーンショット 2015-09-16 23.56.43

「Finder項目の選択を求める」をダブルクリックする

スクリーンショット 2015-09-17 0.11.57

「PDFページをイメージとしてレンダリング」を選択

スクリーンショット 2015-09-17 0.12.09

「Finder項目をコピー」を選択

スクリーンショット 2015-09-17 0.12.23

「Finder項目の名前を変更」を選択

スクリーンショット 2015-09-17 0.19.21

「連番付きの名前にする」に切り替える。

スクリーンショット 2015-09-17 23.10.35

実行

設定は上記で完了したので、あとは実行するだけです。
画面上部右側の再生ボタンを押してみましょう。

スクリーンショット 2015-09-17 0.19.21 のコピー

ダイアログが出るのでPDFファイルを選択

スクリーンショット 2015-09-17 23.13.48

ファイルが出力されます

PDFファイル名-**[数字].jpeg

というファイル名がページ数分作成されていれば成功です。
簡単すぎて使わないとソンですね。

ちなみに、「プレビュー」アプリでもJPEG出力はできますが、1枚ずつしか出力できないので、Automatorが圧倒的に楽という事です。

どんどん楽しましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*