[javascript] date関数を使いこなす

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

サービスを構築する際に、日付の操作を行う事がある。
WEBブラウザ上に表示してある日付に対して簡易に処理を行うために、javascriptで操作する必要があり、
以後の開発効率化の為に、調査も含めてサンプルを作っておきます。

指定日に対して*日前の値を取得する方法

結果

もっと簡単に書いてみると

[ year , month , day , hour , minutes , second , msec]
この順番で登録すれば、set関数を使わなくても登録できる。

2つの日付けから期間数を表示する

1月1日から1月3日の期間数は、日では3日間、時間では72時間・・・
日付のフォーマットは「yyyymmddhhiiss」とする。

1970年からの秒数を取得する

2つの日付の差分を計算して、秒数を日数や時間単位に変換してやると期間日数が取得できる。

20150101から20151231までの日数を取得する

指定日(2015年1月1日)の曜日を取得

取得する曜日は0-6までの数値で取得され、0が日曜日で6が土曜日のため、
配列で表示用の曜日リストを作る必要がある。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です