サーバーサイドで画面キャプチャ #その4 SpookyJS

spookyjs
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

サーバーサイドキャプチャも早くも4回目になりました。
今回はNodeJSでPhantomJSとCasperJSをNodeJSで使えるようにした「SpookyJS」というヤツです。

本家サイト

https://github.com/SpookyJS/SpookyJS

過去ブログ

1.NodeJS + webshop
2.PhantomJS
3.CasperJS

インストール

今回はNodeJSを基本インストールして、PhantomJSとCasperJSはnpmを使ってインストールします。

プログラム

結果

yahoo

CasperJSとほぼ同じで
start -> then -> run
という並びでthenを複数個つなげてストーリー作成も可能です。
NodeJSで行えるということでファイル操作やサーバーサイドでの利便性も活かせるので、PhantomJS、CasperJS単体でなくて、SpookyJSが一番汎用性が高そうですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*