[プログラム学習] shell #2「for文」

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

shell scriptのfor文は少しクセがある。
他の言語と違う点も多いので、注意しなければいけない。

色々な構文

普通に1から10までloopさせてみる

for1.sh

実行してみる。

次は、他の言語っぽく書いてみる

for2.sh

実行

結果は同じだが、二重括弧にする
※doで1行使うのが気になったんで、forの行にくっつけてみました。

次はさらに簡単な記述

for3.sh

実行

{1..10}で1〜10までの数字配列と同じになるんですね。

任意フォルダ内のファイル一覧をfor文で処理

lsコマンドと組み合わせることで簡単にファイル一覧を取得できます。

for4.sh

実行

テキストファイルをfor文で1行毎に処理

テキストファイルを行ごとに処理するにはwhile文と組み合わせると簡単に行なえます。

text.txt

for5.sh

実行

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です