MacからサーバーをWOLで立ち上げるアプリ「WakeOnLan」

wake-736408_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

前回サーバーをWOLで立ち上げるようにインフラ内のLINUXサーバーで行なったんですが、外部からのアクセスであれば
WEBサーバーで受けて処理すればいいのでシンプル構成なんですが、同じインフラ内で作業中にわざわざWEBサーバーにアクセスするのはちょっと面倒くさい。

という事でMacでWOLパケットが送れないか調べると、「WakeOnLan」というドンピシャのアプリケーションがありました。

WakeOnLan

スクリーンショット 2015-12-23 9.57.14
WaleOnLan

WOL専用アプリなので、あまり使用する人はいないと思いますが、自宅で複数台PCがあって、リビングのMACから別部屋にあるWindowsをストリーミングサーバーとして立ち上げたいような使い方もできるようです。

使い方

初回に立ち上げた時は、インフラ内(自宅内)にあるIPアドレス一覧が表示されます。

スクリーンショット 2015-12-23 9.59.12

「Host」メニューの「Add」を選択

スクリーンショット 2015-12-23 10.02.36

「Name」は任意文字「IP/DNS」はローカルIPアドレス、「Ethernet」はMacアドレスを入力

スクリーンショット 2015-12-23 10.04.42

「Wake Up!」ボタンで実行

スクリーンショット 2015-12-23 10.06.47

対象PC(サーバー)側でWOL設定がされていれば、これで起動されたと思います。
ちなみに、受け側PCが完全に電源OFFしているとWOL機能は動作しません。
「サスペンド」または「休止」モードにしておくようにセットしましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*