3Dポリゴン販売ってどう?

cup-257488_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

一昔前に、ゲームデザイナーやってた時は、3Dソフトを触って、エフェクトバリバリのムービーを作ることが、一線の仕事をしている感覚だった。

当時は、3DstudioMAX、SoftImage3D、LightWave3D、MAYA、六角大王

みたいなソフトで、最初の4つは全盛期は30万〜100万ぐらいしていて、グラフィッカーは、クラックソフトを求めるか、ローン組んで買ったりしてたのを覚えてる。

しかし、実際のゲームで使うポリゴンは、50ポリぐらいのローポリ限定で、テクスチャも16色がほとんどだった。

しかし、今思えば、あのぐらいの成約があったゲームのほうが面白かったと、心底思える。

当時、いくつかのサイトで3DポリゴンのDLや販売していたが、昨今3Dプリンタが流行りつつあるので、あと3年ぐらいしたら、プラモデラーなどは、硬質なポリゴンを求めて金で買うのではないかと思われる。

来るべき未来の為に、今のうちに3Dソフトに触り直しておくのがいいと思われる。

自分はLW3Dの製品版を持ってたが、笑えるぐらいバージョンが古いので、最新版の3Dを検討してみっかな。

いったい、何がいいのやら・・・

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*