[映画] StarWars エピソード7 「フォースの覚醒」

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

この記事にネタバレはありません。

公開するまで内容をほぼシークレットで通してきたスターウォーズ7ですが、映画を観た結果の感想としては、今回の内容でそこまで秘密にするほどのレベルではないかと思ってます。

しかし、スターウォーズが好きな人にとっては、映画上映している間、ずっとワクワクする内容になっている事は間違いないでしょう。

登場人物について

主人公はCMやポスターを見ても分かりやすく、レイという女の子ですが、明らかにルーク・スカイウォーカーと同じような格好をしている事から、エピソード4を彷彿とさせる狙いが見え見えです。

実際にレイはとても魅力的に表現されていて、スター・ウォーズ史上での女性戦士だと思ったが、よく考えるとレイアも血筋だったんですね・・・
画像参考:デイジーリドリー、『スター・ウォーズ7』最新作ヒロイン・レイの素顔

また、新たな登場人物として「フィン」というトルーパーからの脱走兵という事で主要人物として立ちまわってますが、きっとエピソード7から9にかけて鍵をにぎる人物と言っても間違いないでしょう。




あと、今回の裏の主役でもある、ダースベイダーの後継人として「カイロ・レン」という黒ずくめのダークサイドのラスボスちっくなのがいますが、こいつの正体が誰なのか?という事が秘密ポイントで大きいのではないでしょうか?




確かにキーポイントではあるかと思いますが、このカイロ・レンの葛藤なども、アナキンがそうだったように、ダークサイドにおける病んでいく姿を見て共感する人も多いのではないでしょうか?

感想

★★★★★

とにかく懐かしさも面白さに含まれているが、壮大なストーリーの続編という事と、監督は違っているのにちゃんと世界観を受け継がれているという事が非常に作品としての完成度の高さを感じました。

作品情報

2015年公開

スタッフ

監督:JJエイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン
製作;キャスリーン・ケネディ、ブライアン・パーク
音楽:ジョン・ウィリアムズ
衣装:マイケル・カプラン

キャスト

ハンソロ:ハリソン・フォード
ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル
レイア・オーガナ将軍:キャリー・フィッシャー
レイ:デイジーリドリー
フィン:ジョン・ボイエガ

予告ムービー

2 comments

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です