iOSのバージョンを取得するスニペット

maxresdefault
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

iOSのバージョンアップ頻度が高くなってきています。
同時に「deprecated」になっていくmethodも増えているように感じます。

アプリ開発において、iOSの下位互換対応をする場合には、バージョン確認を行なって、分岐処理をするという事が必須になりました。
ただ、最新版しか許容しないようなアプリであれば問題ないのですが、なかなかそれは難しいでしょうね。

ということで簡単なバージョン確認できるスニペットを用意しておきましょう。

コード

common.h

common.m

実行

ViewControllerなどで、「getVersionOS」を行うと、iOSのメインバージョンが取得できるようになります。
マイナーバージョンが必要な場合は、関数を少し変えないとイケないのですが、僕は今のところ使ったことが無いので、今回は省いておきますね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*