失敗の勲章

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

仕事で失敗して落ち込んでいる新入社員は、とても可哀想。

よほど、法律を犯すような罪深いミスで無い限り、会社の上司が、肩を叩いて「気にするな」
の一言で、その後ずっと悩まずに済むものを、それを叱ってしまう上司だったり、周囲の同僚が哀れんだ顔で見ているのを目の当たりにすると、いたたまれなくなる。

成長は失敗の見返り

実は失敗を克服すると、同じ失敗を繰り返さまいと、注意し、努力するようになります。

失敗したことが無い人よりも慎重になるんですね。

これは、失敗をしない人に「慎重になれ」と言っても、実体験した人に比べると慎重度合いが足元にも及ばない。

失敗は、人を成長させるのは、誰が考えても分かりやすい構図なんですね。

失敗は責めることが簡単

上司でも、部下でも、部外者でも、失敗をした人に対しては、簡単にお小言を言うことができます。

逆に失敗した人は、自責の念から、殻に閉じこもってしまいがちです。

この両者の関係がより、縦関係になり、苦情やお小言を加速させます。

単なる心理学ということなんですが、そんな無防備な人を責める人が実は一番下だと認識しましょう。

一番建設的なのは、失敗した人が、次回から失敗しなくなる事を考えている人です。

責める以外の解決策が取れる人は、人の上に立つべき人と認識しましょう。

失敗の質の高さ

失敗の数が、人のスキルの高さと考えてもいいでしょう。

もちろん、人は同じ失敗を繰り返さないという事が前提の話で、同じ失敗はカウントしてはダメです。

色々な種類の失敗を経験できる人は、ある意味幸せでしょう。

もちろん、人生において後悔するような失敗もあるし、人を傷つけてしまうような失敗もあるでしょう。

大きな失敗ほど、高く登れるともいう人がいますが、失敗の質はそれぞれなので、好き好んで失敗することだけは避けましょう。

失敗しない人は挑戦していない

失敗をするという行為は、物事に挑戦するという姿勢の表れなんですね。

簡易な失敗であれば、その挑戦は簡易なものであるし、

とても大きな失敗は、大きく挑戦した証です。

要するに、大きく挑戦した人だけが大きく成長できるわけです。

失敗しないように石橋を叩いて歩いても良いですが、個人的には、スピードと成長こそがトレードオフと思います。

失敗した人とたくさん話そう

人に聞いた失敗談は、これもまた、スキルアップにつながります。

ただし、実体験に勝るわけでは無いですが、人の失敗で成長を加速させることは可能です。

ただし、人は失敗を他人に話したがりません。

当たり前ですよね。かっこ悪いんですから。

コミュニケーションをうまくとって、どんな人にも経験がある失敗談をうまく引き出し、自ら成長する環境を作りましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です