[RaspberryPi] パルスセンサー(SEN-11574)

banner-header-tapete-1452601687FgN
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

ふとした事で手に入れた脈拍センサー(SEN-11574)というセンサーの値をRaspberry-PIで取得してみようと思い、3日ぐらいもがいてみました。

ADコンバータの扱い

そもそも、このセンサーはアナログセンサーである事を知らずに、うかつに手にしてしまいました。
Arduinoはアナログ入力にも対応しているんですが、RaspberryPiはデジタル入力のみしか対応していないらしく、
アナログ-デジタルコンバータ(ADコンバータ)を回路に組み込んでデジタル変換した値を取得しないといけないという事をググって知りました。

そういえば、このセンサーをばらまいていた人達がコンバータチップも同時にばらまいていたが、そういった細かな手続きは無視して行なっていたイベントなので、秋葉で調達してきました。

秋月だと180円で売っていたのに、迂闊に別の店で320円も出してしまった・・・OTL

Raspberry-PIのSPI入力対応

今までのGPIO入力はgpio-valueやw1などのbus経由で取得していたが、今回はまた別のbusで取得しなければうまく採取できないようだ。
とりあえず、色々なやり方がありそうだが、なんとなく取得できたpythonパターンを使ってできた事をメモしておきます。

SPIの有効化

センサー接続

参考
心拍センサーを使ってkintone Hospital

上記参考サイトの配線をそのまま構築します。

IMG_0201

正確に構築出来た場合は、写真のように、センサーのランプが点灯します。

python準備

参考
Raspberry PiのPythonからTMP36のアナログ温度センサとMCP3008のADコンバータを使う

インストール

確認

spi.py

実行

参考サイトは5秒毎の値更新だったが、1秒毎にしてみた。(sleepの箇所を変えるだけです)
センサーをいじってみると値が変わるのが確認できる。

とりあえず、今回は値が取得できるとこまでの確認で、次回ログ取得して値を参照してアクションできるようにしてみます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です