MacやiPhoneを使っている時に瞬時に翻訳、辞書機能を使う方法

magnifier-389900_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

ニュースサイトやブログなど、ネットサーフしている時などの時に調べたい単語が出てきたら、ブラウザ立ち上げてwikiっている人、時間の無駄です。
MacとiPhoneを使っている人ならそんな無駄な時間を削減できます。
※windows使っている人は今回は対象外なので、調査して別日に書きますね。

辞書機能の使い方

OSで組み込まれている辞書機能なので、固有名詞や時事ネタなどは対象外になりますが、この辞書機能を使って時間の効率化にもなるし、そもそも便利なので使うことをオススメしたい。

Mac利用時

アプリ利用時に対象の単語にカーソルを乗せて、ショートカットを叩くと、辞書窓が表示される。
ショートカット「Command + Control + D」

スクリーンショット 2016-04-04 10.40.30

iPhone利用時

対象箇所の文字を長押しすると辞書ボタンが表示されるので、それをタップ
※文字選択が必要な場合は、選択後にタップ

IMG_3429

IMG_3431

Macの辞書アプリについて

こんなに便利な辞書アプリを僕は今まで一度も起動すらしたことがなかったので、他にも便利機能がないかチェックしてみました。

着実にアプリケーションフォルダに居ますね

スクリーンショット 2016-04-04 10.43.19

立ち上げるとシンプルすぎる画面

スクリーンショット 2016-04-04 10.42.52

環境設定では、なんと膨大な言語が登録されています。
デフォルトが「日-英」になっているということです。
必要な言語があれば、チェックを入れてカスタマイズも可能という優れもの。

スクリーンショット 2016-04-04 10.41.55

英単語の意味検索も同時にできちゃう

英語の勉強している人にとっては、英文を読んでいる時に知らない単語が出てくると途端に気分が萎えてしまいます。
こんな時に、サクッと検索する事で、スラスラと読み進めることができるのです。

スクリーンショット 2016-04-04 10.25.16

辞書の横に添えられている解説文などで、単語の意味を知ることで語彙力アップも同時に狙ってしまいましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*