[Git] HEADエラーが出た時の対処方法

branches-238379_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

warning: remote HEAD refers to nonexistent ref, unable to checkout.

自宅に設置しているgitサーバーからcloneして、外で作業をしようと思ったのだが、git cloneしたところ、上記のようなエラーが出てた。

調べた所、GITサーバーにmasterリポジトリが存在しない場合、そのリポジトリをcloneした直後にこのエラーメッセージが表示され、対象ディレクトリ内は.gitフォルダ以外は何も無く、空っぽの状態になっている。

焦らなくても、データは来ているハズ。

まず、branchが存在するか確認

上記のように、「remotes/origin/***」という風にデータが存在するが、デフォルトであるはずの「master」ブランチが無いので
初期設定のcheckoutができないというエラーなのです。

***部分が対象のブランチであれば、対象をcheckoutするだけでいい。

こんな感じで完了です。
さらに下記で確認

すると、対象のディレクトリにファイルがわっさわっさと現れたはずだ。
とりあえず、masterを作っておいた方が、いいだろう。
※ただし、リポジトリ管理者がいる場合は、意図的な場合もあるので、指示者に従うこと。

masterを作って一件落着

元のブランチもローカル用のモノを作っておこう

仕組みが分かってしまえば怖くはないが、ファイルが空の状態はかなりビビる。
でも、今どきのgit使いではこの辺は当たり前のお作法だろう。
頑張れオレ!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*