健康と勉強は後でやろうと思ってもやらないモノ

child-945422_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

デスクワークを仕事で行なっている人は、基本的に運動不足の人が多い傾向があります。
僕の知っている開発員で殆どの人が、5年で10キロ太る傾向があります。
新卒で22歳前後で会社に入社して、比較的体脂肪率の低い人でも、年齢が増えるに連れて
基礎代謝率が低下するので、同じ食事を摂っていると、脂肪が消費されなくなってきて、どんどん太ってくるという事です。

日頃から健康に気を使っている人の傾向

大体の人が、太ってきてからダイエットをしようと考えますが、日々健康に気をつけている人は、以下の様な思考になるようです。

・摂取カロリーを計算して、代謝に合わせた食事に切り替える
・肉、炭水化物、油を控えめにして、摂取カロリーを抑える
・運動をして、カロリー消費を増やす

健康に気を使っている人は「ダイエットをしている」という感覚ではなく、日常生活の方向性を変更するという考え方になるようです。

上記のダイエット項目も、1回の食事メニューや1回の運動という目安ではなく、毎日、毎週という単位で、繰り返すことができるか、という思考にならなければいけなみたいですね。

ダイエットの落とし穴

多くの人が、ダイエットを行うという目的に対して夏までの3ヶ月とか、年末までの6ヶ月という、期間目標を立てようとしますが、実はダイエットはエンドレスの無期限にしないとダメだということを理解しないといけません。

何故なら、ダイエットしなくなったら、確実にカロリー消費が少なくなり、リバウンドするからですね。
この構造に気がつかない人があまりにも多く、リバウンドして

「ダイエット=自分には向いていない」

という思考回路になるようです。

ちなみに、上記のダイエット項目で、炭水化物を抜くダイエットが効果が出ると勘違いしている人が多く、炭水化物を抜くと筋肉量が落ち、基礎代謝率が下がるため、同じ体重の人と比べると、同じ食事をしても、消費カロリーが少なくなってしまうという体になってしまいます。

これでは、ダイエットをしてもすぐにリバウンドする体を作っているだけなので、摂取する栄養なども理解するようにならないといけないという事ですね。

「健康」と「勉強」は共通の思考がある

「健康」も「勉強」も毎日続ける事で成果に繋がるという事を理解しなければいけません。
健康は、栄養摂取と運動という2つの側面をちゃんと理解して、毎日続けて行わなければ意味がありません。
勉強も同じで、日々の積み重ねで記憶を形成していき、物事を学び習得できるようになるので、一夜漬けして得られるものは基本的には疲労しかないので、学生でこうした勉強方法を行なっている人は時間の無駄なので、即刻辞めるべきですね。

せっかく勉強を行うのだから、覚えた学問を忘れにくくするという思考、

「もったいない」

という精神が生まれると、将来役に立つ脳みそを構築できるのではないかと思います。
正直、学生時代の僕にこの事を言って聞かせてやりたいですね。

毎日続けられる人は天才の可能性がある

毎日決まったルーティンでコツコツと物事を続ける事が重要と知りつつ、できない人が圧倒的に多いという事が世の中に多い事が分かっています。

ダイエットを失敗した人
英語の習得を途中で挫折した人
日記を3日ぐらいしか続けられない人

どれも自分がモチベーション高く始めたはずなのに、自分で諦め、断念してしまうという事です。

そして、決まって、断念したことに「理由」を付けていることが注目すべき内容でしょう。

ダイエットを失敗した人は「自分は痩せようと思ったらいつでもすぐに痩せられるから・・・」
英語の勉強を挫折した人は「あまり海外に行かないから」
日記をつけなくなった人は「読み返さないから無駄」

という風に、自分の都合のいい言い訳にしてしまい、諦めた自分を正当化しようとします。

実はコツコツ続けられる人というのは、ある特徴があり、そういう人は、何をやっても必ず成し遂げられて成功するという事も色々な実験で分かっています。
でも、実験などしなくても、コツコツ何かを続けている人は他の人から人望があり、その事のスペシャリストと考えられる傾向もあるようです。
さらに、確実にゴールに近づくため、、継続できない人よりもゴールできる可能性がはるかに高いのです。

短期集中と長距離計画型

多くの企業のトップを見ると、コツコツ何かを突き詰めて、成果を出しているパターンが多く、短期で物事を成し遂げる人は、忘れ去られる期間も短期間であり、成果の持続性も短期である事が多いようです。

短期集中で得られる事も多いのですが、あくまで長期視点の中のマイルストンとして短期集中期間が存在するようなイメージの人が成功できる人の特徴であるとも言えます。

タバコを将来辞めたいが、今はやめられない人
運動を全くしておらず、不健康な自分に嫌気がさしている人
勉強したくて書籍を沢山購入するが、読む時間がないという人
今日出来ることを「明日やろう」と先延ばしにしてしまう人
物事をすぐに諦めてしまう人、また大事なことをすぐに忘れてしまう人

結局は全て自分の為に行うことは自分で実行して、自分で継続して、自分で努力する以外ないという事を理解しましょう。

毎日小さな事をコツコツ積み重ねて大きな成果が得られるという実感が沸くだけで、1年後、3年後、10年後の自分が楽しみになりませんか?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です