CentOS 6.7で使っているPHP5.3をPHP5.6にアップデート

coding-699318_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

vagrantで使っているPHP5.3でjson_encodeの「JSON_PRETTY_PRINT」モードが利用できないのでPHP5.4以上にアップする必要があったので、とりあえずPHP7の手前のPHP5.6にアップしてみようと思います。

事前確認

とりあえずセオリーどおりの手順をメモっておきます。

現在バージョンの確認

インストールできるPHPバージョンの確認

このままだと5.3しかインストールできないのでリポジトリを更新する必要があります。

リポジトリ確認

remiが無いことが分かりました。

リポジトリを一旦削除

remiがインストールされていた場合はそちらも削除しておきましょう。

リポジトリのインストール

インストールモジュールの確認

PHP5.6が確認できたらリポジトリの更新完了です。

既存PHPのアンインストール

上記どちらでもいいので、実行。

インストール

他にも必要なモジュールがあれば後でもいいので追加インストールしましょう。

標準の手順でインストールできない場合

vertualboxで長く使っていた場合、リポジトリがバカになっている事があり、
上記手順でうまくリポジトリを指定してもPHP5.3以外のバージョンが認識されない場合があります。

のようにしてインストールしてもいいんですが、PHPのCLI実行などで

のようなコマンドになってしまうため、標準状態でインストールすることをオススメします。

とりあえず、僕の環境でリポジトリがおかしかった場合の対処方法をメモしておきます。

リポジトリファイルの確認

上記の「CentOS-Base.repo」が標準のリポジトリのようなので、これをリネームして無効にすることで、上記インストール手順で上位バージョンのインストールができました。

既存リポジトリの排除

php5.6のインストール

これでできない場合は標準リポジトリのファイルが違う場合が多いので、探してみましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*