RetropieのJoystickキーコンフィグ設定をリセットする方法

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

Retropieを起動すると、初回はキーコンフィグ設定画面が表示されます。

この時に間違って設定してしまうと、次回以降どうやって設定変更するかsetup.shなどで設定することができなくなってしまったので、
独自に解決した方法を記述しておきます。

設定ファイルを探せ

おそらくこの手の設定はどこかにコンフィグファイルが存在して、初回はそのファイルが無いのでコンフィグ設定画面が表示されるんだと思うので、
そのファイルを探してファイル名を切り替えるか削除することで、リセットされるのではないかと考えた。

~/Retropie/

このディレクトリはromなどを保存しておくので、もしかするとconfigも一緒に入れてあってもおかしくないと思ったが、結果から言うと対象のディレクトリもファイルも存在しなかった。

どうやら、BIOSとROMSがメインでUI系とエミュのディレクトリのようだ。

Retropie-Setting

それでは、settingフォルダはどうだろう?

ここにも、対象のコンフィグファイルは存在しなくて、setting.shの関連バッチの入ればという事が分かった。

見つけた・・・

/opt/retropie/configs/all/emulationstation/

そして、ついに発見。

ここにある「es_input.cfg」というファイルがそれでした。
削除してもいいし、名前変更をしておいて、いざというときに元に戻してもOK

この状態で再起動すると、コンフィグ画面が現れます。
正しい設定で登録を行ないましょう。

One comment

  • 記事内の操作を行うとRetropieのsystem操作をする設定はリセットされるが、
    ゲーム中のconfigが狂っている場合は、このままだと解決しなかったので、
    下記ファイルを書きなおすことでゲーム内コンフィグもリセットされた。
    /opt/retropie/configs/all/retroarch-joypads/PSXcontroller.cfg

    参考:http://blog.petrockblock.com/community/members/borgar/forums/replies/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です