[PHP] 便利に使える関数 pathinfo

street-sign-562573_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

PHPでWEBサイト構築などを行なっている際に、ファイル操作でURLからファイルを抽出したり、拡張子を抜き出したり、document-rootを取得したり・・・
と、何かとファイル、ディレクトリなどのコントロールをしなければいけない時に、「pathinfo」関数が便利だと最近気がついた(遅!!)

PHPマニュアル(日本語)サイト

関数情報と使い方

概要

ファイルパスの情報を取得する。
PHP4移行であれば使えるようだ。

返り値情報

  1. dirname : Document-root(ファイル名を省いた形)
  2. basename : ファイル名またはディレクトリ名
  3. extension : ファイルの拡張子
  4. filename : ファイルの拡張子を抜いた名前(ver 5.2.0移行)

連想配列で取得できるので、結構便利なのだ。
いちいちexplodeしたり、str_replaceしたりしなくてもいいので、重宝します。

使用例

結果

関数一発で取得できるので使わないと損です。
何故今まで使わなかったのだろう・・・orz

いろいろ実験

URL

結果

想定通りの結果です。個人的にはURLには「プロトコル」「ドメイン」「ポート」「document-root階層」などがあるとよりいいかも・・・と思ったんですが、
あくまでpathinfo関数なので贅沢は言うまい。
そして、URL情報の取得は「parse_url」というのがある。
そっち使えって事なのね。

windows-path

結果

あたりまえですが、「/」区切りではないので、windows階層は認識しませんね。
でもサーバー内部パスということで、windowsサーバーでPHPを叩くことが無いので、これは捨てましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*