[Cinema] ターミネーター: 新起動/ジェニシス

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

シュワちゃんが12年ぶりに登場ということで公開当時から話題だったので、見たくてしかたがなかったのだが、劇場にも行けず、結局Amazonプライムというこの自分の体たらくぷり、しかしこの圧倒的な世界観に新たな展開があり、終始見ながらワクワクしてました。
あ、この記事にはネタバレがたくさん含まれているので、まだ見ていない人は注意してね。

公式サイト

公式サイト

スクリーンショット 2016-07-05 6.12.18

wikipedia

ストーリー

ジョン・コナーが率いる人類側の戦士軍とスカイネットとの戦いは未来の話。
このシリーズの1作目にあたる直前のカイルをサラの元に送り込むところからスタートして、1984に着いたカイルを待っていたのは、すでに戦士と化したサラ。
この当時のサラは、ただの女の子という設定だが、シュワちゃんターミネーターと組んで、スカイネットから送られてきた新手のターミネーターを次々に倒しまくる凄腕戦士になっていた。
こんな調子でカイルとサラはジョンを宿すことができるのかが、この作品の見所なのかもしれないが、ストーリーは今までのターミネーターと違うパラレルワールドに突入し、全く違う進行をすることに非常にびっくりする。

過去に来たと思ったら、すぐにサラと未来に行くカイル。そこにはT-1000ターミネーターが待ち構えているが、以前あれだけ手こずっていたT-1000を
退治してしまい、あっけないかと思ったその後、新たなT-3000という新たなターミネーターが登場する。

このターミネーターは、砂鉄のような磁石でできているらしく、粉々になっても、またよみがえることができる。

あれ?水銀ぽいT-1000の方が上位に思えるのは僕だけなのか?

キャスト/スタッフ

監督 アラン・テイラー
T-800 アーノルド・シュワルツェネッガー
ジョン・コナー(T-3000) ジェイソン・クラーク
T-1000 イ・ビョンホン
サラ・コナー エミリア・クラーク
カイル・リース ジェイ・コートニー
アレックス / スカイネット(T-5000) マット・スミス

評価

★★★★☆

この映画のシリーズを見る時にいつも思うことは、いま時点で、スカイネットが本当にあるかのような錯覚が起こる。
Google、Apple、AWS、など、どの会社もAIを実験し、ロボットを開発し、人を機械に置き換えていっている。
スカイネットの未来は絶望しかないように思えるが、個人的にはロボットと人間の共存する未来はワクワクする。
はたして、そうなった時に本当に人とロボットは戦争を始めるのだろうか?
実際になってみないと分からないのが現実だが、そういう事態を阻止しようと、「ロボット三原則」をはるか昔に提唱した、
アイザック・アシモフをSF好きな僕としては尊敬します。

予告動画

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です