AppleWatchのリストバンドを自作

IMG_0974
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

ジョギングをしている時にAppleWatchを見るのがとても辛い。
普段も時計を手首につけるのがとても苦手なので、いい時計バンドがないかと探していた所、
http://japanese.engadget.com/2015/11/20/apple-watch-shift/
このサイトを見つけたので、見よう見まねで似たようなバンドを作ってみました。

コンセプト

僕の腕の形の問題かもしれないが、腕時計を手首につけた時に、文字を見ようとすると、比較的大きな腕の運動になる。
さりげなく見たい時もかなり仰々しい動作になるのが非常にイヤだ。

IMG_0976

手首に時計をつけた場合は通常動作をしている時でも、何かにあたってしまうことはよくある。
実際に、自宅の椅子やら棚やらにガンガンぶつけてしまっているので、傷がついていないのが奇跡かもしれない。

AppleWatchのスポーツタイプには、他のバンドと組み合わせるモノがなく、はめ込むタイプなのだが、最近、オプション金具が安く売られているので、それを買って自作に踏み切ってみた。

バンド作成

基本構造は、上記サイトと同じで、親指にくっかけて、小指のしたからバンドをまわす構造がいいかと思われる。
気持ち悪ければ、後で改造しよう。

各種材料一覧

・親指にかけるヒモ部分
・手の固定用バンド(ゴムヒモ)
・留め具

IMG_0959

無駄な部品もいくつかありますが、近所の「ユザワヤ」に行って、ヒモやらゴムやら留め具などを購入してきた。
恐らく数百円ぐらいで揃うのだが、留め具を締める「プライヤー」という工具が必要なので、これが1000円ぐらいしてしまう。
もしかしたら100円ショップで売っているかもしれないので探してみてくれ。

IMG_0969

オプションを取り付けたAppleWatchにヒモを結びつける

写真の右側が親指にひっかける箇所で、このぐらいの長さがちょうど良かった。

IMG_0963

Watchが滑らないように、四隅を固結びで縛ってある。
※少し解りづらいが・・・

IMG_0978

反対側も適度な長さに結んでおく。

IMG_0977

帯状のゴムヒモに留め具を付けておく。

IMG_0984

余ったヒモは切ってもいいが、後で長さを調整できるように、残しておいても大丈夫。
ヒモを束ねて、ゴムひもを設置する。

IMG_0979

腕に装着

細いヒモ部分を親指に引っ掛ける。

IMG_0982

ゴムひも部分を手首に回して、反対側のヒモ部分で止める。

IMG_0983

これで完了ですが、時計の向きが逆な場合は、オプション金具を入れ替えてください。
また、ポジションが微妙にずれる場合も、ヒモや結び位置、ゴムひもの設置場所などをずらして自分の適性ポジションにセットするだけでOK
とりあえず、そんなに拘らずにこれで数日試してみて、改良してみたいと思います。

IMG_0974

IMG_0973

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*