ガマンするメリット

fist-1148029_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

人から命令されるとイラッとする人、そのままの態度を他人に伝えている場合は、確実に人間関係うまく行っていない人でしょう。
どちらかというと、そういう人は自分が周りからどう思われているか気がついていない人の場合が多いでしょうね。
イラッとしても、ガマンするのって、ストレス貯まるし、どうしようもないんですが、ここは一つ、ガマンするメリットを知って、踏みとどまってみましょう。

ガマンする人は成長する

我慢できる人とできない人を比べた時に、我慢できないタイプの人はどうしても稚拙さが存在します。
我慢することで精神鍛錬は行えるとしたら、我慢できないよりも我慢できる人の方が、素敵感もあります。
我慢している自分を考えた時に「なんか負けた気になる」と挫折感を味わう人、まだまだ稚拙ですよ。
そうです、我慢デキる人は弱くても、イジられていても、我慢できない人よりも上なのです。
少なくてもそう考えて自己満足につなげてみませんか?

ガマンした後は普通の事が喜びになる

とりあえず、辛いにも関わらずガマンした後は、非常に精神的に弱くなってしまいます。
そらそうですよね、我慢などせずに、相手に対してガツンと言ったほうが、気分がいいですからね。
でも、ソレに耐えて我慢した場合、他人から受ける優しい言葉は天使の言葉に聞こえるし、何気ない事でもなんとなく、前向きに受け取らえることができるようになるかもしれません。
誰もがそうなるワケではないですが、人生、マイナスな事の次はプラスな事が起きると信じて過ごしましょう。

ガマンできない人は全ての事柄が悪化する傾向がある

もしも我慢しなければいけない時に、我慢ができない人は、恐らく毎回、後悔をしている人が多いのではないでしょうか?
そして、我慢しないと行けない場面で出来ない場合に、その先にはやはり素敵な未来は存在しないでしょう。
悪化する前に自分の素養を再認識しましょう。

ガマンするかしないか迷ったら、我慢しない事のデメリットをひたすら考えよう

我の強い人は、我慢しなければいけない時に、我慢するかどうか迷う事があるはずです。
間違いなく我慢せずに、その場で他人に色々な事をぶつけて、後でスッキリしようとするかもしれませんが、我慢しなかった場合のデメリットに少しでも気が付きましょう。
デメリットって何があるでしょう?
我慢をする場面が発生した場合、どんな結果になってもその関係者の中で誰かが我慢するのが終着点になるかと思いますが、我慢出来ない人は、爆弾ゲームのように、最終的に自分が爆弾を持って終了するのを極端に嫌がり、誰かに爆弾を委ねてしまう、いわゆる「自分だけがいい」という考え方のケースが多く当てはまるのですが、これが、敵対する仕事の相手などであればいいかもしれませんが、部下や同僚が相手だった場合、非常に幼い行動に思われても仕方がないので、やはり客観的に自分を見る必要があるようですね。

20歳でガマン出来ない人は自分の力でガマンできる体質が作れない確率が高い

成人を過ぎて、我慢ができない人というのは、なかなか自分を変えることは難しいでしょう。
だって、「我慢しなさい」といい年こいた社会人が他人から言われると、「はい」と素直に言うことを聞くケースは少ないでしょう。
もちろん、ここで素直に他人の意見が聞ける人の方が好感度が高いのですが、ダメな人はなかなか気が付かないのが現実です。
そういう自分が嫌と感じている人は是非、いい年こいていても、自分を変えてみると恐らく今後の自分の人生が大きく変わる事は間違いないので、TRYしてみることをオススメします。

ガマンする事が喜びに感じる考え方がある

超ドMな人に聞こえるかもしれないが、我慢する事で少しでも自分を納得させる場合は、他人の力を借りましょう。
もちろん、自分が失敗したことを咎められたりした場合は、ひたすら辛い我慢をするしかないが、社会では全てが納得行かない事もあり、他人の失敗を被ってしまったり、人の策略にひっかかってしまう事もあるでしょう。
そんな時に我慢する場合は、周囲が敵だらけという状況をさけるようにしましょう。
必ず存在するあなたの味方をそういう場面で我慢しているあなたを慰めてもらうことで、我慢が柔ぐはずです。
喜びに感じるまではいかなくても、自分のストレスは仲の良い友達に話すことで半減する事を知っていれば、我慢することがさほど苦にならなくなるかもしれませんね。

ガマンする事のメリット

最終的に、どんな場面でも、我慢できない人は幼く、どんな理不尽な事でも我慢デキる人は、器が大きいと周囲の人は判断します。
所詮人の人生は、我慢ができないような場面があっても、その先にさっきした我慢を吹き飛ばしてくれるぐらいスッキリする事もあります。
我慢の限界は実は自分が作っているだけで、自分がよほど悪いことをしていないのであれば、その我慢がスッキリする結末になるまで我慢してみましょう。
我慢出来ない人の他人からの「器の小さい」と感じられた場合のどうしょうもなさを考えたら、確実に我慢する側の人間になったほうがいいでしょう。
我慢しているあなたが、我慢できない人を見つけたら、まだあなたに追いついていない成長途中の人として温かい目で見守ってあげるようにしましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です