iOSのβ版を比較的簡単にインストールする方法

cellphone-1428177_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

4月と9月はAppleの大きな発表の季節です。
林檎信者の方は当たり前かもしれませんが、NETニュースだけで情報を追っている僕としては、そんなに急いで何もかもアップデートしなければいいのに・・・と感じています。
だけど、エンジニアとしてはそうも言ってられず、最新OSをいち早く触っておく必要もあるので、手持ちのiPhoneをβ版ですが、最新版に更新したいと思います。

必要条件

当たり前ですが、正規アップデートではないので、Appleのディベロッパー登録をしておく必要があります。
もちろん有料です。
そして、アップデートできる端末も必要です。
古い端末だと、対象外機種にされて悲しい思いをすることがあるので、ちゃんとチェックしておきましょう。

あと、iPhoneのOSアップグレードは2つの方法があって、iTunesを使って「Restore 」する方法と、端末側から直接「ソフトウェア・アップデート」を行う方法ですが、簡単なのは端末で直接行うやりかたなので今回はそちらで行います。

※インストール中にバッテリーが切れないように、充電が60%以上になっているか、充電ケーブルをさした状態で行いましょう。

忘れちゃいけないのが、端末のストレージ空き容量が足りなくならないように十分に明けておきましょう。
どうしても「これ以上無理」っていう状況になった場合でも、下記のサイトを参考にすると、もしかするともう少しイケるかもしれません。

サイトにアクセス

ディベトッパーサイトにスマホでアクセスします。
※このサイトをスマホで見ながら、下記のリンクをクリックするといいでしょう。

Download – iOS – Apple Developer Program

Apple Developer Program のアカウントログインをします。
※年間8000円ぐらいかかるんですが、iPhoneアプリを開発したい人は必須ですが、ベータ版のインストールだけで加入する必要はないでしょう。
IMG_4165

ログインが正常に行われると、Downloadページが開きます。
IMG_4166

このタイミングではiOS10beta4だったので、ダウンロードボタンを押します。
IMG_4168

プロファイルのインストール
IMG_4169

端末のパスコードを入力
IMG_4170

規約を読んで「インストール」※真面目に読まなくてもいいですが・・・
IMG_4171

何度もインストールをクリック
IMG_4172

迷わず再起動
IMG_4173

再起動が完了するまでしばらく待ちます。

OSインストール

「設定 → 一般 → ソフトウェア・アップデート」を開く
IMG_4174
IMG_4175
IMG_4176

しばらくアップデートの確認を行い、「ダウンロードとインストール」をクリック
IMG_4177
IMG_4178

またもやパスコードの入力
IMG_4179

ダウンロードしてます
IMG_4180

規約に同意
IMG_4181
IMG_4182

しばらくすると、インストール
IMG_4187
IMG_4188

端末の空き容量が無いとこんなメッセージが出るぞ!
IMG_4190

このまま、メッセージのとおりに進めていけばインストールは完了して無事にiOS10が立ち上がります。

ついでにAppleWatchもアップデート

さっきと同じサイトにアクセス
Download – iOS – Apple Developer Program

AppleWatch用のプロファイルのダウンロード
IMG_1215

デバイスの選択
よくわからないがAppleWatchなのでそれを選択
IMG_1216

これも迷わずインストール
IMG_1217

毎度パスコードを入力
IMG_1218

懲りずに「インストール」
IMG_1219

めげずにインストール
IMG_1220

そして再起動
IMG_1221

「完了」が出ればお疲れ様です。
IMG_1222

プロファイルが正常にインストールされたので、次は
iOSと同じ手順でDLとインストールを行います。
まずはwatchアプリを立ち上げます。
IMG_1225

「一般→ソフトウェア・アップデート→ダウンロードとインストール」を次々に選択
IMG_1226
IMG_1227
IMG_1228

何度入れたか分からないが、またまたパスコードを入力
IMG_1229

規約に同意
IMG_1230

ダウンロード中
IMG_1232

この後は、少し時間がかかりますが、小一時間で終了し、アップデートが完了します。

iOSのホームボタン問題

iOS10のベータ1ぐらいにホームボタン問題というのがあったらしく、端末をロック解除する際に、ホームボタンを押さないと画面が立ち上がらない使用だったようです。
iOS10のインストール直後のデフォルト状態はそうなっていますが、ベータ3ぐらいから、そのモードを切る事ができるようになったようです。
以下の設定を行なっておいてください。

「設定→一般→アクセシビリティ→ホームボタン」を選択
IMG_1233

「指をあてて開く」をOFF→ONに変更します。
IMG_1235

これだけだが、何故これがデフォルトじゃないのか正直腰抜かすほど謎です。

β版レビュー

今回はiOS10beta4とAppleWatchOS3beta4ですが、敢えてレビューをしておきます。

まずiPhone側は、少しアニメーションと画面エフェクトが増えていて、少しだけバージョンアップ感がありますが、気がつかない人は分からないレベルかもしれません。
立ち上げ時のパスコード入力画面は、機能が増えて慣れると便利になるかもしれません。
β版だからかもしれませんが、BlueToothベッドフォンの接続が突然切れたり初回の接続に時間がかかったりするので、iOS9よりも精度が落ちた感じもします。
総評としては、正規版に期待しましょう。

WatchOSについては、かなり操作が変わっている部分がありますが、時計のインターフェイスをテンプレート化したりする部分は苦肉の策とも思えるが、個人的にはよくやってくれたと賞賛したいと思います。
ただ、カスタマイズ領域はもう少し増やして欲しかったんですが我慢しましょう。
iPhoneとの接続が切れてもアプリって立ち上がるようになっているのかもしれませんが、これって意味があるのかな?

参考

http://mobilelaby.com/blog-entry-how-to-install-ios-10-beta-with-iphone-and-ipad.html

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*